sharpshooter

ブギーナイツのsharpshooterのレビュー・感想・評価

ブギーナイツ(1997年製作の映画)
4.5
DVD所有(すぱすぱさんからの贈り物☆)

学校にも家にも居場所がない落ちこぼれのエディ(=マーク・ウォールバーグ)。そんなエディくんですが一つだけ天から与えられた宝物を持っていました!それは人並み外れた巨根!!
巨チン・ポルノ男優″ダーク・ディグラー″としてデビューしたエディくんが、ポルノ映画業界に旋風を巻き起こすって話☆

彼の″ご立派″なモノを見た者は、男女を問わずウットリ、瞬く間にポルノ・アカデミー賞の最優秀新人賞、最優秀ぺニス賞、最優秀男優賞の三冠に輝きます。スゴい。

″ディック・コック・エディ(デカチンエディ)″の野望は止まらない!
エディは相棒のリード(=ジョン・C・ライリー)と共に、ブロック・ランダース(でかいかたまり)とチェスト・ロックウェル(おっぱいぷるぷる)の二人組が活躍するアクション・ポルノ映画シリーズを考案、大ヒットさせる。
(アクションのへなちょこ感がとってもキュート♪)

また、自身の俳優人生を振り替えるドキュメンタリー番組も制作。
ノリノリである。

調子に乗ったエディとリードは歌手デビューを画策し、レコーディングも決行!
(「The Touch」、「Feel the Heat」はいずれもへっぽこな歌唱力込みで名曲!)
残念ながらこの企画は失敗に終わります。無念。

それと時を同じくしてデビュー時から面倒を見てくれていたポルノ監督のジャック(=バート・レイノルズ)と仲違いしていたため、エディの転落人生スタート!
そして一発逆転を狙ってとった行動が…もう最悪な訳です…

多くのキャラクターが登場する本作は、ドラッグに溺れ、世間の偏見に晒されつつも、世の中の変化に対応しようと足掻き、時にコミカルに、時に残酷に、それでも強(したた)かに生きる姿が描かれます。

紆余曲折を経て、何者でもなかった若者たちの夢や希望を実現させていく様が痛快な一本(* ̄ー ̄)☆



○キャスト○
エディ・アダムス/ダーク・ディグラー:マーク・ウォールバーグ
ジャック・ホーナー:バート・レイノルズ
アンバー・ウェイブス:ジュリアン・ムーア
ローラーガール:ヘザー・グラハム
リトル・ビル:ウィリアム・H・メイシー
リード・ロスチャイルド:ジョン・C・ライリー
バック・スウォープ:ドン・チードル
スコティJr.:フィリップ・シーモア・ホフマン
モーリス・T・ロドリゲス:ルイス・ガスマン