ブギーナイツの作品情報・感想・評価

「ブギーナイツ」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

5.0
”そのジーンズの股に宝が眠ってるぞ”
”誰にも1つは取り柄があるもんだろ?”

私が愛する映画。
ポール・トーマス・アンダーソン監督の青春群像ドラマ。

1970年代アメリカのポルノ界を駆け抜けた青年の栄光と挫折の話。

アンダーソン監督の作品はどれも大好きだが、その中でもこの作品は一番好きだ。主演のマーク・ウォールバーグをはじめ、ジュリアン・ムーア、バート・レイノルズ、フィリップ・シーモア・ホフマンらが演じる、個性的で、愛するキャラクター達はいつ観ても最高だ。こんな愛せるキャラクターが出てくる映画は中々ないと私は思っている。

また、長回しを多用した映像に、最高の演技、最高の音楽が合わさりこれ以上ない映画に仕上がっている。

使われている音楽はヒットナンバーが連発!監督の演出も完璧、観ていてとても幸せな気分になる。最後まで観て、人が生きる上での支え合いの大切さが十分分かった。

とにかく最高の映画。何回観ても飽きない中毒性。心地よい2時間30分。

ぜひ観てほしい作品!
きょる

きょるの感想・評価

3.0
70年代後半のポルノ産業を舞台にした辛辣な人間ドラマ


いやー…ポルノシーンは見応えありました
「これは天の恵みだ」と、主人公は意気揚々で清々しい
青春ドラマ?なので、女性にも比較的観やすい内容かと思います
それにしても。。
締めのポロンは御本人のかしら…?

ワンカットが長めなのも良かったな~
最近そういう撮り方する映画がとても観やすくて心地良いです
ただちょっとダレたかな…
155分という長さが所々で苦痛だった

キャストさん達の体当たりな演技には脱帽であります
シリアスな役も多いけどマーク・ウォールバーグはコメディの方が好きです
メイシーの情けない役はここでも健在で大満足♪
きちっとした三幕構成(時間配分は異なりますが)に落とし込んだ、わかりやすい「ドン底から這い上がる話」。クロスカットによって、各キャラクターの直面している状況を結んで、群像劇的な感動が味わえる、爽快な映画。

世間からバカにされている「映画」を肯定するメインモチーフは、ポールトーマスアンダーソンの自己肯定に見えてしまい、若干乗れなかった。

第一幕は、「世間からバカにされてる俺たちの上昇」。自分的にはこの幕が一番退屈だった。ずーっと音楽がかかって元気な画が続くが、それがメリハリなく永遠と続いてくような断片的エピソードを目的のために繋いだ感が否めない。テンションは高いが単調。まぁ、この幕は「フリ」なのでそこまで気にすることはないかもしれない。

第二幕は、第一幕の最後のあのエピソードが転換点となって始まる、いわゆる「ドン底フェーズ」。これはかなり好きだった、というかポールトーマスアンダーソンはこれがやりたかったんじゃねえかとさえ思う。あの、名優が、あの俳優が、泥みたいなことをやらされている。そして、トドメとして暴力描写も適切に使われていて、儚さを感じて打ちひしがれる。それらをクロスカットでつなぐあたりは、お得意なやつ。

第三幕は、死ぬかもしれない状況を受け入れとても長いタメの後に生きる方向に行動するエディから始まる(と私は思っている)。そこから、もう一度彼らは手を組み上っていく…。まぁ、悪くはない。

ここからは、私が乗れなかった点。長回しや音楽かけまくりでノリノリで観れるのだが、長い上に単調なのが個人的マイナス。それから、エピソードの組み方が「こういうことの説明のためのエピソードですよ」という狙いがスケスケで少し冷静に観てしまった自分もいた。というのも、この話は「映画を撮る映画」ということで二重評価構造に必然的になってしまっているので、直感的に観れないのでのめり込みずらい。「いい演技ができてる らしい」、「自身最高傑作の出来 らしい」という状態になってしまうので、私としてはテンションが上がり切らなかった部分があった。それに付随するように、他のエピソードも魅力的でスマートなものがなく、説明的に見えてしまったのも自分的にはマイナス。

決して悪い作品ではないのだが、雑な点が気になる上に、「それでもここは良かった」という武器はあまり感じられなかった。
Otter

Otterの感想・評価

3.0
マーク・ウォルバーグがこんな映画に出ていたとは。
家族の物語だった。
何はともあれ長回しはとても良い。逆にわざとらしすぎるショットもあって嫌いじゃないけどうざさはあった。良い意味で
途中の転落していく場面は見てて辛かった。
あの黒人ちゃっかりしてるな笑
ライ

ライの感想・評価

3.6
時代は70年代後半。
ポルノ映画監督のジャック(バート・レイノルズ)に見込まれ、
クラブで働いていたエディ(マーク・ウォールバーグ)をスカウト。

映画のヒットにより、
エディはポルノ界のスターに。
数々の賞も受賞。

80年代を少し過ぎた時代。
映画からビデオへ切り替わっていく。
やがて全ての人に不幸や挫折が。。。
そして、コカインなどにより歯車も狂ってきたが、
かつての仲間が集まり。。。

内容が飛びぬけている感もあり、
巨根で世界をものにしたうぬぼれ感もあり、
笑える作品でもある。

映画の中のアメリカしか知らないけど、
他の映画もそうだが、
コカインは一般的なのだろうか?
ハリウッドだけ?

ローラーガール(ヘザー・グラハム)は、
カワイイ~(^^)
観たい観たいと思いつつも、時間が長いのがしんどくて敬遠してたんだけど、遂に意を決して観てみたら、これがものすごい傑作だった。ホント観てよかった。

もう冒頭からすごい。ワンカット長回しでいきなり登場人物を一気に見せちゃうわ、それだけでなんとなくのキャラクターが伝わるわ、音楽はバッチリだわ、「あぁ、これは面白い作品だな」と完全に心を掴まれた。

そこからも、とにかく音楽は最高だし、あれだけの登場人物がいながらも、見事に全員のキャラクターが立ってるし、カット割りやらカメラアングルやら編集効果やら映像がオシャレでかっこいいし、かと思えばめちゃくちゃ笑えるし、70年代後半から80年代前半には生まれてないし、ましてやその時代のLAの雰囲気なんて知るはずもない自分が何故かリアルだと感じてしまうような時代の描き方まで、全てがものすごいクオリティ。そもそも設定がポルノ業界の話っての自体がやばいし、元ネタを全く知らないようなオマージュなんかも相当あるんじゃないかと思う。

役者陣もそれぞれのキャラクターを見事に演じてたし、単純に知ってる人がいっぱい出て来てそれだけでも楽しい。特に、フィリップ・シーモア・ホフマンがホントに最高だった。あと、クライマックスに出てくるあの金持ちのやつ。ダーク・ディグラーとかローラーガールとかネーミングセンスも最高。

ストーリー的にも、バカ騒ぎから一転、暗い展開になって、どうやって終わるのかと思ったら、またあの金持ちのやつのところであんな盛り上がり方するとか、ちょっとあまりに予想外すぎて面喰らった。爆竹バンバン鳴らしまくるとか意味分かんないけど、その意味分かんなさもあのくだりの緊迫感に拍車をかけてるし、ホントにあの展開はすごすぎた。

ラストも映画史に残る衝撃的な終わり方だった。あんなんずるいわ。

どうやらあれは偽物らしいけど。

よくを言えば、ダークは両親となんらかの決着はつけてほしかったかなぁ。

あと、すごいどうでもいいっちゃどうでもいいんだけど、リトル・ビルが新年のカウントダウン前にアレするシーンで、車からアレを取った後に、ちゃんと車の鍵を閉めたところがすごく印象的。普段から映画を観ていて、車の鍵をみんな閉めなさすぎだろって思ってたから、なんかそういうところまでちゃんとしてくれるのがすごくよかった。
せい

せいの感想・評価

2.8
ちょい長いかな!

このレビューはネタバレを含みます

クセの強い人物たちの群像劇に長回しにいい音楽、やっぱりPTA監督はいい。まずアダルト業界という設定からして最高。途中の展開は見てて辛いけどハッピーエンドですっきり!
>|