ブギーナイツの作品情報・感想・評価

「ブギーナイツ」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

5.0
”そのジーンズの股に宝が眠ってるぞ”
”誰にも1つは取り柄があるもんだろ?”

私が愛する映画。
ポール・トーマス・アンダーソン監督の青春群像ドラマ。

1970年代アメリカのポルノ界を駆け抜けた青年の栄光と挫折の話。

アンダーソン監督の作品はどれも大好きだが、その中でもこの作品は一番好きだ。主演のマーク・ウォールバーグをはじめ、ジュリアン・ムーア、バート・レイノルズ、フィリップ・シーモア・ホフマンらが演じる、個性的で、愛するキャラクター達はいつ観ても最高だ。こんな愛せるキャラクターが出てくる映画は中々ないと私は思っている。

また、長回しを多用した映像に、最高の演技、最高の音楽が合わさりこれ以上ない映画に仕上がっている。

使われている音楽はヒットナンバーが連発!監督の演出も完璧、観ていてとても幸せな気分になる。最後まで観て、人が生きる上での支え合いの大切さが十分分かった。

とにかく最高の映画。何回観ても飽きない中毒性。心地よい2時間30分。

ぜひ観てほしい作品!
じえり

じえりの感想・評価

3.1
とにかくフィリップシーモアホフマンが可愛すぎる!
中々見ることが出来ない
ダークでぶっ飛んでて甘い世界を
垣間見れる作品。

ローラーガール可愛いし好き
故に切ないシーン、よくやった
いいぞってシーンもちらほら

みんな幸せになりたくて
華やかな世界で微かな希望をまるで
泥水を飲みながらも掴み取ろうと
もがき苦しむのがリアルだった。
寅さん

寅さんの感想・評価

5.0
もの凄いエネルギーの映画!
皆んなで不幸だ。
エモーションズのベストオブマイラブからスタート
ドンチードルのカントリー好きも笑える!
まさかこんなに明るく希望に満ちたものが破滅に向かうなんて。

ヒステリックな母親にあんたはルーザーだ。身一つで出てけと言われるシーンがきつい。
マークウォールバーグだから笑いそうになるけど。
そこから新"性活"が始まる。

今度からダークディグラーと呼んでってとこにプロ意識を感じる。
ジュリアンムーア(アンバー)もヘザーグラハム(ローラーガール)も凄い!
ポルノを演じるAV女優を演じる訳だから。

アンバーの映画内映画のドキュメンタリーも、なかなか良い。
大佐のロリコン趣味のくだりも凄く大事なこと。好きだがビデオだけで手を出したことはない。

クライマックスに向けて
夢を追うため、ビデオを撮る。ハイファイのステレオの店を出すために銀行に行く。
薬に逃げる。支払いも出来ないのにデモテープを撮りレコード会社に持っていく。
融資が受けれず不条理を感じる。
ローラーガールは素人物のビデオを撮るため町をドライブし男を乗せるが同級生の男。そいつに乱暴に入れられ最低な空気に。
ダークは駐車場でオナニーを見せた後は車を下され若者たちにリンチ。
ドンチードルは妊婦の奥さんとカップケーキを買いに寄ったところで強盗に会い…。巻き込まれる。
絶望しか見えない。

マークウォールバーグ

ボニーM/サニー
オハイオプレーヤーズ
KC&theサンシャインバンド
コモドアーズ
sound experience
マーヴィンゲイ
McFadden&whitehead/ain't no stoppin' us now
the watts 103rd. street rhythm band/do your thing


バイクのフォトプリントTシャツが懐かしい。

音の効果、映像がトリップムービー。
長回しで登場人物紹介しちゃうのかっこいい〜。そしてローラーガールが可愛すぎる。
hk

hkの感想・評価

-
アメリカ人の母親像って一体...

性と暴力と尊厳の話だが、その根拠が自身の巨根ていう周りからしたら笑ってしまうようなもの。
ポルノ関係者だからと見下される描写がキツかった。
メイシー以外なメンバーに魅力を感じない。苦痛の二時間半。
ザン

ザンの感想・評価

4.2
エロかっこいい。サントラも大好き。ヘザーかわいい。
悟

悟の感想・評価

4.4
入りかっこよすぎた。
カメラをグィーーンってするやつどうやってやってるんやろか。
大物のおじさん2人が映画の今後について、話しているところの切り返しがめちゃ良かった。

終盤まで見せなかった、ちんをなぜあそこで。最後怒涛の群像劇で興奮した。
苦労ってもしかしていっぺんに報われるものなのか。
>|