ブギーナイツの作品情報・感想・評価

「ブギーナイツ」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

5.0
”そのジーンズの股に宝が眠ってるぞ”
”誰にも1つは取り柄があるもんだろ?”

私が愛する映画。
ポール・トーマス・アンダーソン監督の青春群像ドラマ。

1970年代アメリカのポルノ界を駆け抜けた青年の栄光と挫折の話。

アンダーソン監督の作品はどれも大好きだが、その中でもこの作品は一番好きだ。主演のマーク・ウォールバーグをはじめ、ジュリアン・ムーア、バート・レイノルズ、フィリップ・シーモア・ホフマンらが演じる、個性的で、愛するキャラクター達はいつ観ても最高だ。こんな愛せるキャラクターが出てくる映画は中々ないと私は思っている。

また、長回しを多用した映像に、最高の演技、最高の音楽が合わさりこれ以上ない映画に仕上がっている。

使われている音楽はヒットナンバーが連発!監督の演出も完璧、観ていてとても幸せな気分になる。最後まで観て、人が生きる上での支え合いの大切さが十分分かった。

とにかく最高の映画。何回観ても飽きない中毒性。心地よい2時間30分。

ぜひ観てほしい作品!
yadakor

yadakorの感想・評価

2.0
脚本や俳優だけで2時間半持たせるのは基本的に無理だと思う
セックスシーンは本当に無理だ どんな映画でも吐き気がするし飛ばしてしまう
何を伝えたい映画かも不明
群像風の映画はのっぺりしがちなのに長尺になるからリスク大きいよ、絶対
みなみ

みなみの感想・評価

4.0
俳優が豪華すぎる。
栄枯盛衰を色々対比を駆使して表してる。
ハングオーバーの女の子が、ローラーガールとして出てて超かわいい!
題材のアホさとは裏腹に、観終わった後に人生じゃんと思った。あと毎度思うけど、PTAは映像のテクスチャーを奇麗に作り出すのがうま過ぎる。

登場人物の顔が似てる人が多すぎて話についていくのが大変だった。
主人公が最初から最後まで自分勝手すぎたことだけはわかった。
あと長い。
話もごちゃごちゃしてるしもっといろいろ簡潔にまとめてほしい。
女優さんみんな綺麗だった。
ペイン

ペインの感想・評価

5.0
“ペ○ス成長録”

幾度となく観返している大大大傑作!!

あのディカプリオも「出演オファーを断って最も後悔した作品」と言っていて素晴らしい映画だと大絶賛しています。

冒頭の長回しシーンの一連の流れで魅せる人物紹介、人物描写の手際の良さには鳥肌が立ちます。この瞬間に天才出てきちゃったなって感じです。

流石は人間ドラマの名手、ポール・トーマス・アンダーソン。第2のオーソン・ウェルズといっていいほどのまさに“天才”。

主人公の趣味も最高で主人公の部屋に飾られてるポスターがブルースリーだったり『セルピコ』のアルパチーノだったり。また音楽の選曲も使い方もたまりません。ボンクラ魂炸裂で抜け目なし。

俳優陣も皆素晴らしく、ジュリアンムーアなんてこの頃は絶頂期。本当に名女優です。

またフィリップシーモアホフマンのマークウォールバーグを見つめる視線には毎度泣かされます。本当に名演技。特にウォールバーグとバートレイノルズが言い合いになった時のフィリップシーモアホフマンの“お願いだからやめて~”という表情はたまりません(笑)

“『ブギーナイツ』以前”“『ブギーナイツ』以後”というように語れるほどアメリカ映画史を変えた群像劇の最高峰の一本なので観てない人は必見。ポルノ版『アラビアのロレンス』ポルノ版『アメリカの夜』と呼ばれるのも納得の作品。

まだまだ語りたいことが山ほどある…(笑) 
>|