ブギーナイツの作品情報・感想・評価

「ブギーナイツ」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

5.0
”そのジーンズの股に宝が眠ってるぞ”
”誰にも1つは取り柄があるもんだろ?”

私が愛する映画。
ポール・トーマス・アンダーソン監督の青春群像ドラマ。

1970年代アメリカのポルノ界を駆け抜けた青年の栄光と挫折の話。

アンダーソン監督の作品はどれも大好きだが、その中でもこの作品は一番好きだ。主演のマーク・ウォールバーグをはじめ、ジュリアン・ムーア、バート・レイノルズ、フィリップ・シーモア・ホフマンらが演じる、個性的で、愛するキャラクター達はいつ観ても最高だ。こんな愛せるキャラクターが出てくる映画は中々ないと私は思っている。

また、長回しを多用した映像に、最高の演技、最高の音楽が合わさりこれ以上ない映画に仕上がっている。

使われている音楽はヒットナンバーが連発!監督の演出も完璧、観ていてとても幸せな気分になる。最後まで観て、人が生きる上での支え合いの大切さが十分分かった。

とにかく最高の映画。何回観ても飽きない中毒性。心地よい2時間30分。

ぜひ観てほしい作品!
JBOY

JBOYの感想・評価

3.8
好きな所はフィリップシーモアホフマンの佇まいとリアクションと爆竹好きの中国人と傷天みたいなバディ映画とローラーガールとジュリアンムーアとダンスシーンとフィリップシーモアホフマン。

このレビューはネタバレを含みます

驚くほど穏やかで幸せなラスト
yamashit

yamashitの感想・評価

3.0
ジョン・C・ライリーの顔しか思い出せません。。。
表紙は昔のがカッコいいのに‼️
犬

犬の感想・評価

3.8
スター

1970年代後半から80年代にかけての、ポルノ産業に従事する人々の心の葛藤と業界の裏側を描く人間ドラマ

最高のイチモツ

もうその手の賞獲りまくりですよ
女性から寄ってくる
憧れます〜

ポール・トーマス・アンダーソン節

裏側ですね

これもまた人生
スゴい世界でした

ポルノ業界、良いのか悪いのか

エロいけど思ったほどエロくない
それぞれの人生をフォーカスしてます

最後の賭けもあり
ラストは、、

マーク・ウォールバーグがスゴい
最後はモザイク
ジュリアン・ムーアの裸が〜
ウィリアム・H・メイシーが可哀想
80s

80sの感想・評価

3.8
当時のポルノ業界の光と影を描いた作品。

ゲイ役のフィリップ・シーモア・ホフマン最高!音楽も良かったし楽しめた!
途中つまんなかったけど最後良い。この監督は初期作から疑似家族っていうテーマを持ってたんだな。
カメラワークがいちいち神

特にオープニングはやばすぎる
>|