ブギーナイツの作品情報・感想・評価

「ブギーナイツ」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

5.0
”そのジーンズの股に宝が眠ってるぞ”
”誰にも1つは取り柄があるもんだろ?”

私が愛する映画。
ポール・トーマス・アンダーソン監督の青春群像ドラマ。

1970年代アメリカのポルノ界を駆け抜けた青年の栄光と挫折の話。

アンダーソン監督の作品はどれも大好きだが、その中でもこの作品は一番好きだ。主演のマーク・ウォールバーグをはじめ、ジュリアン・ムーア、バート・レイノルズ、フィリップ・シーモア・ホフマンらが演じる、個性的で、愛するキャラクター達はいつ観ても最高だ。こんな愛せるキャラクターが出てくる映画は中々ないと私は思っている。

また、長回しを多用した映像に、最高の演技、最高の音楽が合わさりこれ以上ない映画に仕上がっている。

使われている音楽はヒットナンバーが連発!監督の演出も完璧、観ていてとても幸せな気分になる。最後まで観て、人が生きる上での支え合いの大切さが十分分かった。

とにかく最高の映画。何回観ても飽きない中毒性。心地よい2時間30分。

ぜひ観てほしい作品!
GEN

GENの感想・評価

-
登場人物のキャラ設定がわかりやすくておもしろい
久しぶりに思い出して夜中の再鑑賞。
PTA監督による、17歳にして巨根絶倫ポルノスター「ダーク・ディグラー」の成功と没落を描く青春物。

ダークのお宝を目撃するとみんな呆然とするのが気になってた。だって周囲はプロだよ?それがΣ( Д )ﻌﻌﻌﻌ⊙ ⊙←こんな顔になって凝視するんだもん気にならない筈がない 笑

アダルト業界は映画からビデオへ、そして今やネットに。
レコード、カセットテープはデジタルに。
オーディオ機器は、音に拘る人向けの家電に。そういった栄枯盛衰も描かれていて、いつもどこか懐かしい気持ちを味わう。
時の流れは切ないけどいいこともある。
観るたび同じこと思ってしまう好きな作品です。

フィリップ・シーモア・ホフマンが乙女でした。
あとローラーガールが良いのです。
カメラワークが大変面白かったです。
特にオープニングのワンカットの長さといったら…!

ストーリーは、アメリカン・ドリームの華々しい栄華とそれとは対極の堕ちぶれし時代を描くありきたりな内容でした。

スポットが当たる人生もある意味辛いものだなあ、と物憂げな気分になりました。

しかし監督のジャックが一番セクシーでした。あの堂々たる威厳よ…ため息です。
Koichi

Koichiの感想・評価

3.8
天からの恵やな。
ナイトクラブで働いていた青年がポルノ監督の目にとまり一躍ポルノ男優のスターダムへと駆け上がり、その後転落していく物語。最初の勢いは良かったが後半は少し助長かな。ポルノ業界の疎外感もあり、少し社会的な映画でもある。あとこの映画は家族で見ない方がよい笑


Tシャツからはみ出るお腹
主人公への眼差し
PSホフマン、可愛い!

ドラッグ、セックス、馬鹿騒ぎ
エブリバディウォンツサムもこんな感じだったような💭
アイリ

アイリの感想・評価

3.4
ハマりました
それにしても若い頃のマークウォールバーグ、可愛いな
ホミタ

ホミタの感想・評価

3.6
BGMがノリノリ🕺で良かったことと、フィリップ・シーモアの可愛らしい役どころが見れた!2時間半があっという間でした。
マーク・ウォールバーグ、ジュリアン・ムーア、ジョン・C・ライリー、ウィリアム・H・メイリー、ドン・チードル、フィリップ・シーモア・ホフマンなどなど。豪華すぎ。
ポルノ映画業界を描く内幕もので、ナイトクラブの皿洗いの青年が映画監督にスカウトされ、ポルノ映画俳優の寵児となり、人気に奢って転落する姿を描いた作品。まぁ『スカーフェイス』『グッド・フェローズ』『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』なんかが思い浮かぶ、人生ジェットコースター型ムービー。
色々言いたい事はあるが、簡潔に言うとセンスある作品でした。カメラワークにしろ音楽にしろ。個人的に好みのもので長い映画の歴史でマネしマネされる事実もありますしね。
ラストに見えるウォールバーグはノーマルウォールバーグですか?
>|