ブギーナイツの作品情報・感想・評価

「ブギーナイツ」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

5.0
”そのジーンズの股に宝が眠ってるぞ”
”誰にも1つは取り柄があるもんだろ?”

私が愛する映画。
ポール・トーマス・アンダーソン監督の青春群像ドラマ。

1970年代アメリカのポルノ界を駆け抜けた青年の栄光と挫折の話。

アンダーソン監督の作品はどれも大好きだが、その中でもこの作品は一番好きだ。主演のマーク・ウォールバーグをはじめ、ジュリアン・ムーア、バート・レイノルズ、フィリップ・シーモア・ホフマンらが演じる、個性的で、愛するキャラクター達はいつ観ても最高だ。こんな愛せるキャラクターが出てくる映画は中々ないと私は思っている。

また、長回しを多用した映像に、最高の演技、最高の音楽が合わさりこれ以上ない映画に仕上がっている。

使われている音楽はヒットナンバーが連発!監督の演出も完璧、観ていてとても幸せな気分になる。最後まで観て、人が生きる上での支え合いの大切さが十分分かった。

とにかく最高の映画。何回観ても飽きない中毒性。心地よい2時間30分。

ぜひ観てほしい作品!
テーマがいい
スケーターガール!
harape

harapeの感想・評価

3.6
音楽がめちゃめちゃ良すぎる 満点! 女の人躊躇なく裸んぼになるんだけど綺麗でドキドキする 面白い
音楽とカメラワークと奇跡みたいなバランスの映画。傑作だー!

好きな映画撮ってディスコで踊って周囲は美人ばかりプールサイドで酒飲んで気持ちいいセックスしてちんこもデカい何もかもが最高の70年代から突如、転落し喧嘩がはじまりドラックに銃に暴力といったアブノーマルで刺激的なことが日常となりちんこも勃たない自殺で幕開け地獄の80年代へという展開がすごい。ポール・トーマス・アンダーソンは相当70年代が好きなのか、それとも80年代になんか恨みでもあるのだろうか。

それでもやっぱり俺はデカちんこスター!という主人公の結論にはズッコケそうになるけど、バカだからそれに至るまでに普通じゃない苦労してて薬中になり恐怖の爆竹地獄まで味わっててはちゃめちゃめちゃくちゃでホントおもしろい。デモテープのくだりとかとんでもないバカですごい。

お気に入りは最初のナイトクラブのシーン。最高にあがる。
フィリップ・シーモア・ホフマンがめちゃくちゃ良い奴で健気で泣ける。
ムキムキじゃないマーク・ウォールバーグに細いジョン・C・ライリー筆頭にみんなフレッシュ!
福之助

福之助の感想・評価

3.5
たまげた
Kohji

Kohjiの感想・評価

5.0
どっかの奴とは違ってこっちのポール・アンダーソンは本当に天才なんだと思った。
KERNEL36

KERNEL36の感想・評価

4.1
話4.0 人4.5 絵4.0 音4.5 味3.5
1998年日本公開。
どういうジャンルなんだろ、ジャンル分けしづらい。コメディかな?分からん。
70〜80年代のポルノ映画業界でのセイコウと転落を描いた話なんだが劇中劇のダサさがかなり面白い!
ポルノ映画監督、ジャックホーナー役のバートレイノルズが映画論を語る所が1番良いシーンだった。彼を通してPTA自身の考えがあのシーンに表れているのではないか。
nisehukawa

nisehukawaの感想・評価

4.4
ストーリーはありがちなんだけど、不思議な気分になる映画

劇中劇だったり、ポルノだったり、題材は目を引きそうでウケ狙いな物で、実際にウケ狙いみたいなシーンが多い

そういった最初からアップテンポで浮かれっぱなしなストーリーを逆手にとって
心の闇が滲み出る影のようなシーンを印象的にしててとても良い

みんな人生を必死に楽しもうとして、楽しんでるんだけど、本当は何かから死ぬ物狂いで逃げてるだけのような感じ、時折一瞬その何かが見えてきそうで怖くなる

浮かれてる時はセンスが良くて普通に笑えるんだけど、急に真顔になる感じ
なると

なるとの感想・評価

3.0
ストーリー展開や俳優・女優の力演には、文句はない。
特にマークウォールバーグ。別にポルノ系にいそうな顔でもないが、覚悟のある役をうまく演じてた。

でもポルノ系の話は興味はあるが、映画としてとなるとあまり魅力を感じなかった。
それ故に、退屈。

良かったのは脇役のキャラ。
ローラーガールは綺麗だなと思ったし、他のジョンCライリー、ウィリアムHメイシーのキャラも彼らにしか出せない独特な感じがあった。
nakamura

nakamuraの感想・評価

3.7
始まって1分で面白いヤツと確信
けど、長かった〜

デカマラで成り上がる破茶滅茶なサクセスストーリー
洋画観てて思うけど、マリファナとコカインほぼほぼ出てくるから日常的にやってるんだろうな〜

個人的にツボったのは部屋の中で爆竹ならしてる中国人でした^ ^
>|