ninjiro

泳ぐひとのninjiroのレビュー・感想・評価

泳ぐひと(1968年製作の映画)
4.0
クラッシック、名画然とした佇まいとは相反し、万人には勧め難い、ある意味やたらと気持ちの悪い、気分の落ち込む映画である。
男の半裸を終始見なければならないところも、滅入る気持ちに一役買っている可能性もあるが、何より古き良きなんとやらを背負うバートランカスターという立派なスターがこうしたトコトンアレな役を演じるというギャップがまた絶望的に効いている。
当然制作側は狙って彼本来の演じるべき役柄風なスター然としたカットも随所に差し込んでくる。
これがまた我々観客が後に引く痛さにズバッと効いてくる。
古い映画ながら普遍的な悲劇。