イザナギ

八日目の蝉のイザナギのネタバレレビュー・内容・結末

八日目の蝉(2011年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

流石に、井上真央と小池栄子が幼馴染って設定は無理あるだろーと思った

ただ、小池栄子良い演技をするね。サトエリと小池栄子は元イエローキャブとは思えない存在感が演技に出る。

内容はあってないようなモンかなー。理由があったとしても、不倫相手の子供を誘拐しちゃいかんよ。そこは美化しちゃダメ。全体的に、永作サイドに同情させるような構成は、間接的に犯罪を美化してる趣に感じ少し違和感。

ただ、誘拐犯(永作博美)と井上真央の関係性が、過去を遡る事で明らかになる作りはわかりやすかった。

劇団ひとりは個人的には要らないかなー。もっと魅力的な俳優にすれば良かったのに。劇団ひとりの役柄はある種キーマンだからね。

永作博美との過去を遡り、井上真央が下す決断。

むしろ、決断を下す為の過去探しとも言える。