Atomy

八日目の蝉のAtomyのレビュー・感想・評価

八日目の蝉(2011年製作の映画)
4.0
ドラマ化でも有名な今作。
どうして原作者の角田光代は、こんなに苦しい苦しい物語を書いたんだろう。こんな事件、現実には起こってほしくないと切に願う。どこまでも人間臭い。人が心を持った生き物だってことが、痛いほどわかる。

男の子供を誘拐した愛人、本妻、その誘拐された子ども。出てくる女たちは皆、心に埋められない欠損を抱えて生きる。号泣してしまった。

小池栄子が素晴らしかった。話し方や歩き方からして、いかにも他人とうまくかかわれない彼女が必死に向かい合おうとしている感じ。ホテルでの早口の独白のシーンでは、なぜかとても共感できてまた泣いてしまった。