つんちゃん

八日目の蝉のつんちゃんのレビュー・感想・評価

八日目の蝉(2011年製作の映画)
5.0
母親としての女の強さと
母親になりきるがなれない女の切なさを子供ながらに汲み取ってしまった作品。

一人ひとりが人間らしい汚れた部分があるのがこの作品の魅力かなと思います。

この映画ほど泣いた作品はありません。
ボックスティッシュを目の前に用意してから観ましょう。