meg

八日目の蝉のmegのレビュー・感想・評価

八日目の蝉(2011年製作の映画)
3.8
ただ、あなたと一緒に居たかった
世界中のきれいなものを
ぜんぶぜんぶあなたに見せたかった

夏の太陽をめいっぱい浴びて色づく棚田を
空からこぼれ落ちそうな星の瞬きを
夕陽に染まりオレンジ色に輝く海を


わたしを見つけて微笑んだあなたが
あまりに可愛くて
許されない事だって分かっていたのに
母乳なんて出るはずもないのにね

例えいつか別れの時が来たとしても
何も怖がる事はないのよ
あなたは必ず幸せになれるから


あの島で過ごした日々は
八日目の蝉のようなもの

見る事が許されなかった景色
決して知り得なかった感情
いつか終わりが来る事は分かってた



夕暮れ時に吹いた風は、
夏の終わりの気配を含んでた
白いお腹を見せて地面に転がる蝉は、
一生分の恋が出来ただろうか
叶わぬ願いにジリジリと身を焦がし、
心を震わせて泣いただろうか



※お久しぶりです
※何度観ても例外なく号泣
※小豆島の景色が美しすぎてまた泣ける