ちょこみん

八日目の蝉のちょこみんのレビュー・感想・評価

八日目の蝉(2011年製作の映画)
3.9
まぁ面白いだろうな、と思いつつもきっとヘヴィなのは分かってたので観るタイミングが定まらず放置してたんだけど、プライムの対象外になっちゃったらそこまでして観ないかなと思い、意を決して。

いや、良かったです。ズーンと来ました。思わず敬語になっちゃうほど。

チープな言葉になっちゃうけれども命の重さ、尊さを考えさせられまして。特にまぁ幼子を持つ身としては真に迫るところもあり、泣いた。

設定がやや強引じゃね?ってところもあるんだけど、まぁそこは物語の進行上ぜんぜん目をつぶっても問題なし。

メインの役者、永作さん、井上さん、小池さんが何気に名演で。小池さんとかカンブリアのイメージだけど演技もなかなかなのね。はまり役だったのかもしれないけど。

あと何気にマロンの子役の演技にもグッと来た。別れのシーンとかギューっと切なくなったー。

親子って何だろう、と反芻しながら、ボンヤリと我が子の寝顔を眺めつつ。思索の荒野を練り歩く、そんな夜更けとなった。