八日目の蝉の作品情報・感想・評価

八日目の蝉2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:147分

ジャンル:

3.6

「八日目の蝉」に投稿された感想・評価

日本アカデミー賞作品賞・監督賞・脚本賞を総なめにした作品だが、映画ではなく原作者の角田光代氏の着眼による功績が多い気がする。
同監督がこのあとに撮った『聯合艦隊司令長官 山本五十六』のほうが好きかな。
saki

sakiの感想・評価

4.5


重くて惨めで、愛に溢れてた


不倫相手との子供を堕ろし、二度と子を産めなくなった。少しして不倫相手とその妻の間に子が産まれた。諦めるつもりで、全て忘れるつもりでその子を一目見ようと留守を伺った。しかし赤ん坊は笑いかけ、まるですべて許されたような気がした。この子を守りたいと思った。気付けば家を飛び出し、誘拐していた。


隠れながら薫を育てた4年間が希和子にとってどれだけ幸せだったか、どれだけ儚いものだったか痛いほど伝わってきた。
そして希和子からもらった愛がその後の薫や産みの母をどれだけ苦しめ続けたか。
産みの母の苦悩と葛藤も観ていて痛々しかった


なんかもうみんなの気持ちがわかってすっごい苦しいんだけどとりあえず父親死ね!!!!お前が悪い!!!!!


母親の愛ってすごい。無条件すぎる。自分を弄んで欺いて捨てた男と、自分を罵倒して見下して幸せを手に入れた女との子をあんなにも愛せますか?愛せるものなんですか?


矢作博美、井上真央、小池栄子、この人たちのちゃんとした演技あんまり観たことなかったからすごく良かった
namimaro

namimaroの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

初めてみた!結構良かった。
妻子のいる男の子どもを妊娠した主人公が、過去を回顧しながらストーリーが進む。
主人公が赤ちゃんだった頃、父親の不倫相手に誘拐され4歳まで愛され育てられたという過去をもつ。カルト教団、そこを抜け出し小豆島で暮らした日々、身元が判明し、実の親のもとへ返されるが、もちろん顔も覚えていないし好きになれない。
なんだか本当にありえそうな話。
育ての母との別れが辛かった。再会してほしい。。
原作読んでみようかな〜
見ててすごく緊張した。。ドキドキ
りさ

りさの感想・評価

3.5
むずかしかった。とくにラスト
子役がめちゃくちゃ可愛い
>|