八日目の蝉の作品情報・感想・評価

八日目の蝉2011年製作の映画)

上映日:2011年04月29日

製作国:

上映時間:147分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「八日目の蝉」に投稿された感想・評価

まぁ面白いだろうな、と思いつつもきっとヘヴィなのは分かってたので観るタイミングが定まらず放置してたんだけど、プライムの対象外になっちゃったらそこまでして観ないかなと思い、意を決して。

いや、良かったです。ズーンと来ました。思わず敬語になっちゃうほど。

チープな言葉になっちゃうけれども命の重さ、尊さを考えさせられまして。特にまぁ幼子を持つ身としては真に迫るところもあり、泣いた。

設定がやや強引じゃね?ってところもあるんだけど、まぁそこは物語の進行上ぜんぜん目をつぶっても問題なし。

メインの役者、永作さん、井上さん、小池さんが何気に名演で。小池さんとかカンブリアのイメージだけど演技もなかなかなのね。はまり役だったのかもしれないけど。

あと何気にマロンの子役の演技にもグッと来た。別れのシーンとかギューっと切なくなったー。

親子って何だろう、と反芻しながら、ボンヤリと我が子の寝顔を眺めつつ。思索の荒野を練り歩く、そんな夜更けとなった。
TAKUYAICHI

TAKUYAICHIの感想・評価

4.4
永作博美の哀しみが伝わってくる作品。なんでこんなことになったんだろう
tatman

tatmanの感想・評価

4.2
このアプリ入れて初レビュー。
犯罪者をどう描くか、難しいテーマの作品。子を持つ親として複雑だけど、この作品みて、子育てできてよかったと思えた。役者もみんな良い。特に小池栄子!この人ほんと演技うまい。とにかく面白かったし、みる価値あり。
こじぷ

こじぷの感想・評価

3.9
切ないです。心の奥を鷲掴みされて胸が痛くなりました。
Choco

Chocoの感想・評価

3.3
あとで
りか

りかの感想・評価

3.8
記録用
ゆき

ゆきの感想・評価

-
原作からの映画でした。だいぶ省略されていたけど、永作博美の希和子はよかった。全体的に配役が想像してたイメージとは違った。

このレビューはネタバレを含みます

ただただ終始ずっと辛かった(><)

思い出をたどって最後は会いに行って、そして再会するのかな?と思ったら...

まさかのここで終わり?というラストでした...

んん〜...(>_<;)
育

育の感想・評価

4.6
他人からの過度な信頼とか、憎悪、それから無根拠な愛とか、嫉妬、全部が全部、"分かって欲しい"という気持ちの一方通行で、素直に「気持ち悪い…」と思った。
だけど、所々に散りばめられた「ちょうどいい」という付箋が、自分のずっと欲しがっているものに当てはまる気がして、エンディングに差し掛かった頃にはメンタルがぺしゃんこになってた。死にたい。
zanet

zanetの感想・評価

3.9
完成度は高くて、演技にも感心して、感情移入して号泣したんだけど、やはり辛すぎる。

嗚咽でしかない。

どうなってもスッキリ終われない題材。

「ママがいるから大丈夫。」

と節々で繰り返す永作さん。

大丈夫じゃないのに。

裏切ることになるのに。

でも、それでも一緒にいたい。

少しでも長く一緒にいたい。

長い人生の中でのたった4年。
>|