八日目の蝉の作品情報・感想・評価

八日目の蝉2011年製作の映画)

上映日:2011年04月29日

製作国:

上映時間:147分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「八日目の蝉」に投稿された感想・評価

Max

Maxの感想・評価

3.5
八日目の蝉=他の蝉よりも1日多く生きたことで、他の蝉が見ることの出来なかった景色を見ることが出来た。
自分の子どもには素敵な景色を1つでも多く見せてあげたい。そのためにはどれだけ苦労しても構わない。
主人公の野々宮希和子にとって、娘の薫は八日目の蝉だったのだろうか?
まず、タイトルについて深く考えてしまった。

ストーリー自体は、野々宮希和子がどうにも許せなくて特に感情移入も何もないのだけれど、薫(恵理菜)が同じ道を歩んでいるのは、非常に皮肉な結果であるし、本当の母親である恵津子が恵理菜(薫)の子育てに苦しむのは必然である気がした。

そして、やはり女優陣の怪演にも注目すべきでしょう。
永作博美の死んだような目
井上真央のラストのシーン
森口瑤子の裁判での陳述
小池栄子のしつこさ
余貴美子の不自然にも感じるあの喋り方
妙に気持ち悪く、こちらをどんよりさせるという意味では素晴らしかったと思う。

一番裁かれるべきは田中哲司だと思うがね。
mkk

mkkの感想・評価

5.0
記録
過去の解明に焦点が集中しすぎてて今の話がなくて、期待してたのと違った。

扱ってる題材結構たいそうなもんやのになんかイマイチ感動させられなくてもったいないなと思った。
hirosmi

hirosmiの感想・評価

3.4
何をもって家族なのか
誘拐は許されないけど、あの2人がついに見つかって引き裂かれたあの瞬間は、たしかに親子の別れだったと思うしそこに愛があったと思う
それとエンディング泣ける
子供が親を求めて泣いたり、何度も親の名前を叫んだりする場面だけでも、切なくて泣けてきた。

小豆島移住したい欲がさらに高まった。
ManaMarks

ManaMarksの感想・評価

3.0
聞いてた通り泣く泣くよ〜!
挿入歌がいい感じ。ジョンメイヤー聴きたくなるね

本当にあるのかなこんな事件…
切ない。
ま

まの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

育ての親か産みの親かどっちが幸せなんだろう
思ってた以上にしんどい、救われない映画、、
リモ

リモの感想・評価

3.1
なかなかの脚本

映画でなくてもかんどしたかな?
>|