八日目の蝉の作品情報・感想・評価・動画配信

八日目の蝉2011年製作の映画)

上映日:2011年04月29日

製作国:

上映時間:147分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「八日目の蝉」に投稿された感想・評価

角田光代の同名小説を映画化したヒューマンサスペンス。

不倫相手の子供を誘拐した女と誘拐された少女の4年間の逃亡生活と、その後の二人の運命を描く。

誘拐犯のせいで誰も幸せになれないのに、被害者である実の母親が悪女として描かれていて、ストーリーに全く共感できず。
昔みたけど、わりと好きだったな
momo

momoの感想・評価

4.5
メディアを通して見たら「犯罪者の悪い人」にしか見えないけれど、どうしても共感して応援してしまう。

実の母も、育ての誘拐犯も、娘も誰も悪くないのに皆苦しんでることに胸を打たれる。

高校や大学での教育に入れることで、映画を通して、子どもを育てるとは何かについて誰もが一度真剣に考える機会が持てるといいなと思う。

自分が親になった時、もう一度それぞれの立場に立って見返したい映画。
Nahe

Naheの感想・評価

4.0
心が苦しくなる映画

親になったら、また見ようと思う
(私にとっては)そこで!?というところで終わった

途中でカルト団体が出てくる。
小豆島の綺麗な景色や長閑な田舎町の雰囲気がとても良く、半分PR映画のよう。
omase

omaseの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

最後のセリフが最高だった

なんでだろう。もうこの子のこと好きだ。
まだ顔も見てないのに。
樋口

樋口の感想・評価

2.5
何度か観たいなと思っていたけど観る機会が無いとか今は違うなと思いながら今日まで観なかった。小さい頃に育てられた愛情は大きいんだと思った。観たあと虚無になるのかなと思ったらならなかった。
>|