二宮

二宮の感想・レビュー

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)
4.8

このレビューはネタバレを含みます。

問答無用

前は、
自分の子供が異形で生まれてくるところもそうだし、'避けられない醜さ'をテーマに想定しながら観てた。
醜女が期待げな目をして舞台に上るも降りかかる汚物、精神的な部分でもそうで、老人雇用とか不倫とかが取り上げられてるようにも見えたし、そんな運命を操作してるような謎の男もいて、そんなのの果てに頭が飛んで全ての葛藤も一刀両断されたカオスに突入

カルト映画を理屈で観るなとも言うけど、いろいろ想像してみるのもまた勝手じゃないかと思う それが見えるままだったりするし

今回は私も探検に出る気持ちで観てたけど