イレイザーヘッドの作品情報・感想・評価

「イレイザーヘッド」に投稿された感想・評価

まだ難しい
僕もちっちゃな頃から今日の至まで殆ど毎日この映画の様なカフカ的とも言える不条理な夢を観ます。(「不条理=カフカ」っていう訳じゃないですが、リンチはカフカの「変身」が好きみたいです。)だから何故かこの映画にハマってしまいました。胎児の体にブツブツが出来るシーンは本当にトラウマです。二度と観たくない史上最高の傑作です。
なんだか可愛い悪夢

in heaven,
everything is fine♪
みあ

みあの感想・評価

-
ずっと気になっててやっと見たんだけど
赤ちゃんも女の人も気持ち悪すぎて
しっかり見れなかったから
機会があればまたもう1回見よう
今の私にはまだ早かったかな、、、
つまんなすぎて寝た。エンディングの曲が好き。
やっぱり変だよデヴィッド・リンチ。

正直これのスコアのつけ方がわからない(笑)
シュールで不穏な雰囲気は嫌いじゃないけど疑問符が頭から消えないまま終わってしまった。
ただ改めてすごい人だなーと思った。

この価値観とかセンスを映画というコンテンツに昇華して、一部ではあるけれど評価され、受け入れられている。
そしてあの赤ちゃんの造形。どうやって作って動かしてるのか話よりそっちがめちゃくちゃ気になった。

こんなの映画館で観たら2,3日は悪夢にうなされそう...ホラー映画よりホラー映画。


14/2019
かわいい生き物が、出てきます
デビッドリンチ好きやけど、この映画はあまり好きになれなかった。レトロ感は最高だったけど、ストーリーがいまいち。

このレビューはネタバレを含みます

父親の自覚が芽生えないまま可愛くもない自分とは似ても似つかない未熟児の父となり、生んだ母親はノイローゼで一人とっとと家出
小さな命を見殺しにするのはあまりに無責任で後味が悪いから、仕方なく手探りで世話をしてみるもやることなすこと上手くいかない、疲労感、無気力感、徒労感にいつの間にか眠りの世界へ

夢の中はシュールの極み
舞台の上でやる気のないおたふくのダンスと地味に嫌な大きさの精虫がうじゃうじゃ
美女との束の間のお楽しみも意味深な白い液体に溶けてなくなり、気がつけば自分自身が舞台の上、立ち位置も分からない焦燥感、最後には自己を喪失、量産された消ゴム付鉛筆の一部に。

そこで目が覚め、元のアパートへ、不気味に笑う未熟児から逃れるようにまたベッドへ横たわる
ラストは、悪夢と現実が繋がったのか、舞台装置の鉢植えがあるから悪夢の続きなのか

リアルな悪夢とシュールな悪夢のサンドイッチが最高で、ゲテモノ好きとしては終始ニヤニヤしながらかなり楽しんで観れました
エンドロールの音楽もいい
悪夢のワンダーランドへようこそ!みたいな
キック

キックの感想・評価

3.7
アンダルシアの犬を思い出すような映像
久々に観たくなって中古BD買った
>|