R

暗殺者の家のRのレビュー・感想・評価

暗殺者の家(1934年製作の映画)
3.4
ヒッチコックの映画にしては、見ててやや退屈に感じてしまった。ただ、やっぱさすがとしか言いようがない、はっと目を惹く演出も、ところどころある。本作は、のちに知りすぎていた男として、同監督によってリメークされたんやけど、全力でそちらの方がお勧め。作品レベルが全然ちがう笑 こっちは話の流れがかなりつかみにくい。まず冒頭、出て来る数人の男たちが、見た目がみんな似てて、誰が誰なのかよくわからない。中盤くらいになるまで、ちゃんと見分けがつかなかった。英国領事の暗殺計画の情報を密かに得ていた男が殺されて、その情報が主人公に託され、それが原因で主人公の娘が暗殺者たちに誘拐されて、そしたら主人公もそいつらに監禁される。果たして彼の奥さんに、この暗殺を止め、家族を救うことができるのか!みたいなストーリーになっていくんやけど、何かひとつひとつの展開にアクセント的なものがなくて、あれ?何が起こってんのかよーわからん。うーん🤔 みたいな、ほんで後から考えて、ようやく前のシーンの意味がわかる感じが続いていく。やから見てる間は、何かピンと来ない時が多かった。オレの頭が悪いだけなんかな…。ここはおもしろい!と思えるシーンは、演出に明らかなハイライトがあるとこやね。教会の中に主人公たちが入っていって、みんなが暴れまくるシーンのイスの投げ合いとか、アルバートホールのオーケストラの暗殺シーンのピストルの演出とか。ただクライマックスの銃撃戦はそんなに緊張感なく、ダラダラ長いなーって思った。そんななか最も心をつかむのが、ワルのかしらのピーターローレ。めちゃめちゃ変な顔なのになんたるフォトジェニックさであろうか、と驚いた。すごい存在感。やっぱ映画においては、顔のインパクトってめちゃめちゃ大切なんだなーと。まぁ実生活でもおんなじか笑