キートンの探偵学入門/忍術キートンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「キートンの探偵学入門/忍術キートン」に投稿された感想・評価

shibamike

shibamikeの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

キートン、面白すぎる…

全然、探偵ものな感じはしなかった(笑)

ビリヤード、オートバイ、映画のラブシーンをリアルタイムで真似る等、腹を抱えて笑った。窓からダイブで飛び出してそのまま老婆に変身する早業は天才!身体を張った演技は本当に毎度毎度脱帽。

サイレント映画を観ていると、たまに出てくる台詞の字幕が砂漠のオアシスのように非常に有り難く感じる。
キートンの最高作といわれる「将軍」よりも、今作のほうが好き。
何故なら映画狂の鏡のような作品だから。
ビリヤードのシーンなども神がかっている。
バイクでどこまでも走って行け!
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.2
インタビューによるとハンドルの上に座ってバイクを運転するのは本当にやっているらしい。どんな運動神経をしているのか... ビリヤードも上手い。
90年以上前の作品でありながら、多重露光による幽体離脱や様々なトリックなど映像演出も見ごたえがある。キートンが「映画内映画」の世界に入り込み、シーン転換に翻弄されるというかなりメタ視点のネタも。我々が編集された映像を見る際、当然のように自然な繋がりを脳内で作り出していることが浮き彫りにされる。照明を調整してスクリーンに見せかけているようだが、実際にしっかりとそのように見える。
後半にかけて展開はどんどん加速していく。かなり危険なシーンも無表情で淡々とこなしていくキートンが可笑しい。
オチの「カンニング」ネタも微笑ましい。
kyuta

kyutaの感想・評価

4.2
キートンの神業連発を楽しむ映画。

映画の中に入り込むという構造って、こんなに前にあったんだという単純な驚き。

「ありえねー」って言う宣伝文句がぴったりの展開。またしても、キートンの身体的能力の高さにびっくり。
映写技師のキートンは恋人に誤解されてしまう。がっかりして仕事中に眠りこみ、そのまま映画の世界に入りこみ、名探偵シャーロックジュニアとして大活躍!

キートンが座っていると、背景が変わっていすがなくなり、転んでしまったりなどするところがすごい。バイクのハンドルに乗るアクションもすごい。

「甦るニコニコ大会」@シネマヴェーラ渋谷
KICCO

KICCOの感想・評価

5.0
やっとちゃんと観れた!
YouTubeでしかみてなかったんです……
私のベストオブキートンです
Naomi

Naomiの感想・評価

4.2
正直、クラシック映画って興味なかった。けど、観たら凄く面白かった!笑った笑った!なんて面白いことやってるんだろう!

サイレント映画って数本しか観たことないけど、言葉がない(もしくは要所のみ字幕あり)から観る側が各々で想像力を働かせて、各々観客が最終的に映画を作り上げる。そこで映画が完成する。そんな感じがする。

受動的でなく能動的に観る。それがサイレント映画の醍醐味の一つなんだと思う。面白い。
みはる

みはるの感想・評価

3.0
無声映画を見ると、いかに普段映画を受け身で見てるか思い知らされる。
かわいい
キートンを初めて知った作品
心に残るステキなコメディ
ayk

aykの感想・評価

4.0
本当の意味での純粋さが輝く作品
興味を引きつけるキートンの魅力がギュッと詰まっています!