キートンの探偵学入門/忍術キートンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「キートンの探偵学入門/忍術キートン」に投稿された感想・評価

映写技師のキートンは恋人に誤解されてしまう。がっかりして仕事中に眠りこみ、そのまま映画の世界に入りこみ、名探偵シャーロックジュニアとして大活躍!

キートンが座っていると、背景が変わっていすがなくなり、転んでしまったりなどするところがすごい。バイクのハンドルに乗るアクションもすごい。

「甦るニコニコ大会」@シネマヴェーラ渋谷
KICCO

KICCOの感想・評価

5.0
やっとちゃんと観れた!
YouTubeでしかみてなかったんです……
私のベストオブキートンです
Naomi

Naomiの感想・評価

4.2
正直、クラシック映画って興味なかった。けど、観たら凄く面白かった!笑った笑った!なんて面白いことやってるんだろう!

サイレント映画って数本しか観たことないけど、言葉がない(もしくは要所のみ字幕あり)から観る側が各々で想像力を働かせて、各々観客が最終的に映画を作り上げる。そこで映画が完成する。そんな感じがする。

受動的でなく能動的に観る。それがサイレント映画の醍醐味の一つなんだと思う。面白い。
みはる

みはるの感想・評価

3.0
無声映画を見ると、いかに普段映画を受け身で見てるか思い知らされる。
かわいい
キートンを初めて知った作品
心に残るステキなコメディ
ayk

aykの感想・評価

4.0
本当の意味での純粋さが輝く作品
興味を引きつけるキートンの魅力がギュッと詰まっています!
ネット

ネットの感想・評価

4.5
超面白い。ずっと爆笑
終盤の"船"のシーンがなんかすごく良い…映画の中の水が大好きなんだなぁと再認識。
思ってたより映画愛が前面に出た終わり方だが、エモくするのではなく笑いで終わらせる。徹底してコメディ。
成田007

成田007の感想・評価

3.9
夢のある夢の中のお話、探偵に憧れるキートンがシャーロック・ホームズのように探偵として大活躍する。コミカルだけどしみじみ見入ってしまいました。

喜劇王チャップリンの最大のライバルとして映画の創世記にスクリーンで活躍したバスター・キートン。

チャップリンとは全く異なるテイストで笑いへの技術を感じた。約100年前だと思うと映画だが古さは感じない。

映画全体で結末へと積み上がっていくストーリーはすごい。クライマックスにかけて怒涛の展開の連続はジェットコースターのように爽快感を味わいました。ラストがいい映画は見た後にいい気分になる。

いつの時代でも映画が愛され、人は映画から生き方を学んでいると思えたいい映画でした(^-^)
映画男

映画男の感想・評価

4.5
すこぶるおもしろい。
探偵と映写技師を掛け持ちしてる青年が映画上映中に眠って夢の中でスクリーンに入り込むというファンタジックな映画だ。

こんなにおもろい映画がはるか昔にあったなんて、人類がそこまで進歩していない証だ。ホンマに素晴らしいものは時代を超えて受け継がれるんですな
堊

堊の感想・評価

4.1
ラストのキスのくだりすごい。でもやっぱセブンチャンスのほうが……
バナナの滑り方が豪快すぎる