Hero

天国への郵便配達人のHeroのレビュー・感想・評価

天国への郵便配達人(2009年製作の映画)
3.5
大事な存在を亡くしてしまった人たちの手紙が投函されるポスト。そのポストを管理する“天国への郵便配達人”のジェジュンと、その手伝いをすることになったハナ。手紙を投函した人たちにつく優しい嘘と2人の恋模様を描いた作品。

死んでしまった人との間に残る後悔。このどうすることもできない後悔を、どうにかして和らげてあげたいと奔走する2人の行動が素敵すぎ。また、秋という季節が作風とマッチして、ストーリーに深みが増す。いつくかのストーリーがあったが、お気に入りは息子への申し訳なさを抱え続ける父親のストーリー。この感動のストーリーを邪魔するやつが・・・。犯人は字幕。監修は脚本の北川悦吏子らしいが、センスなさすぎ笑。父親を勝手にオネエにするなよ笑。なんかストーリーの意味合い変わってくるやんけ笑。字幕がよければもう少し点数上がってた。

字幕のセンスのなさを忘れさせてくれるのが、ハナ役のハン・ヒョジュ。可愛すぎ!!!服装が、髪型が、仕草が、付き合って笑。

ハン・ヒョジュのためだけに観たけど、ストーリーも結構楽しめた。けど、字幕が・・・。反省してな笑。