MiYA

マッド・シティのMiYAのレビュー・感想・評価

マッド・シティ(1997年製作の映画)
3.3
「サタ☆シネ」にて。視聴率によってクルクルと報道姿勢を変え、露骨な誘導質問や映像編集によって世論を巧みに欺いていく。小さな事件がショーアップされていくという、マスメディアの狂気を非常にわかりやすく描かれ、考えさせられるところの多い作品です。マスメディアのショーアップに巻き込まれた気弱な犯人(ジョン・トラボルタ)が気の毒で、毒気に当てられてどんどん悪い方向へ変貌していく新人女性記者の姿も印象的。

惜しむらくは、肝心の「事件」の部分の緊張感が希薄なところ。ラストも予想通りすぎて、もうちょっと工夫は欲しかったかも。あとこのアメコミ風な映画タイトルもいかがなものかと。