マッド・シティの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「マッド・シティ」に投稿された感想・評価

smurfs

smurfsの感想・評価

3.4
無駄に緊張感を煽ることなく、淡々と進行するトーンに好感。それにしてもトラボルタはこういう役が似合う。
road

roadの感想・評価

4.0
博物館に立て籠もった元警備員とそこに居合わせたニュース記者を通し、都合の良い編集をし視聴率優先のメディアとそれに踊らされる民衆を風刺した良作。
マスコミのクズっぷりを教えてくれる、知ってたけど。まあ、それを簡単に信用する民衆も悪い。
感慨深いストーリーですね。

仮に同様の事件が実際起きたとしたら、
一視聴者としてテレビ中継をみながら云々言っている自身の姿はすぐに想像できてしまう。

私もメディア側の人間だとおもうと、些か消化不良〜。
がらし

がらしの感想・評価

3.4
マスコミの世論操作と雇用問題を題材とした映画。最初は立て籠もり事件を解決するスーパーキャスターの映画だと思ってい観ていだか途中からマスコミの世論操作が物語の焦点だということに気がついた。博物館内でのダスティン・ホフマンとトラボルタの2人の掛け合いが映画の大部分を占めるのだが全く飽きなかった。
ひつじ

ひつじの感想・評価

3.6
なんか不思議な感覚になった!でもこれはマスコミへの痛烈な皮肉ですよね。マスコミのみなさんはこれを見たほうがいいですね(笑)ダスティン・ホフマン演じるマックス・ブラケットが始めはオイシイ!という気持ちで犯人のサムを操るのですが徐々にサムに同情し、もうやめようと持ちかける。そして、最後にはマスコミの残忍さをマスコミ側であるブラケット自身が実感するのです。ジョン・トラボルタ演じる犯人のサムの気弱な人間性は同情せざるおえません(笑)意外と酷いのが博物館の館長ですね。
報道とはなんだ?これだとバラエティやエンターテイメントショーとなんらかわりないじゃないか。
無力さに悔しさと怒りでしかない。
誰かの悲劇をネタに餌にしてのし上がる奴がいる。誰かが上がれば誰かが下がる。よくいわれている真実は強いって言葉がどれほど無力なのか、その真実を捻じ曲げ偽りで塗り固めて自分の肉にしようとする人間どもがどれほどこの世の中多いのか。そしてそれだけをみて右往左往する人間。社会はこうにも簡単に成り立ってしまうものなのか?そんなにも簡単に動くものなのか??所詮、愚かな人間の塊で成り立っているのか。
少なくとも、悲劇をネタに成功するような人間に私は死んでもなりたくない。
この映画を観て少しでもなにも感じない人は人間じゃない。
せーや

せーやの感想・評価

2.9
マスコミのクズ加減にイライラした どれだけ視聴率を取れるかしか考えてないマスゴミ 犯人にかなり同情する 銃持ってきたのが悪いんだけどねー マックスと助手の考えが最終的に逆転してしまうあたりが印象的だった (20140318 TV)
HONEY

HONEYの感想・評価

3.1
アメリカっていう国は・・・まったく・・・やる事がすべて大胆なんだから(笑)自業自得と言えばそれまでかもしれないけど、事の次第を知ってるだけにかわいそう。
あかり

あかりの感想・評価

3.3
マスコミや雇用など、社会に対する問題を扱った作品でした。マックスとローリーのマスコミらしさが逆転するところが印象的。
梶遥

梶遥の感想・評価

4.8
眠い状態で見始めたのに気になって最後まで見ちゃった!
オチは大体読めていたけど、思っていたより悲しかった。見終わった後も暫く悲しかった...。トラボルタが大好きだからこんなに感情移入してしまうのか。
見やすいのに重い社会派映画って感じ。
トラボルタが大好きだ〜!
やっぱこの映画悲しい...。