Tig

バットマン リターンズのTigのネタバレレビュー・内容・結末

バットマン リターンズ(1992年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

初めてみたのですが、前作の続編とは思えないほどに世界観が一新されていてビックリしました。ホラー風味がかなり増しているというか。ティム・バートンの色が強く前面にでています。

生まれつきの障害がもとで下水に流され地下で育った男ペンギンがあるきっかけで街のヒーローになります。
それを利用してペンギンを市長に仕立て、己の目的を完遂しようと謀る街の有力者マックス。
踊らされたペンギンは自身の境遇や障害を逆手にとって市長に立候補。大人気だったのですが、バットマンの妨害が入りあえなく断念。それに対して悲しみを露わにして再び地下に戻っていきます。そして自分を見捨てた人々へ復讐する事を企てます。
更には冴えない秘書セリーナもマックスに殺されかけて精神分裂気味になりキャットウーマンに。ペンギン、バットマン双方をかき乱します。

奇人達がお互いの存在を僻み、嫉妬に狂い足を引っ張りあうというなんとも奇妙な話。

仮面舞踏会で仮面をつけていないブルースとセリーナのシーンが彼らの異常性を象徴しています。素顔の自分達こそが偽りの自分で仮面をつけた自警主義コウモリ男と変態ネコ女こそが素性という事なのでしょう。。

個人的には最初から最後までペンギンに同情してしまいました。頭が悪い奴なのかも知れないけど、根っからの悪人ではないと思うんですが…境遇とか考えると嫌いになれないT^T
ペンギン達に埋葬されるシーンは悲しかった。

鑑賞後、改めて色々な解説を聴いてティム・バートンのホラーへの愛、オマージュが随所に散りばめられている事がわかりました。同時にバットマンよりペンギンとキャットウーマンに愛着をもっている事もわかりました…バットマンでこれやるのマジで凄いなあ…