まる

スタア誕生のまるのレビュー・感想・評価

スタア誕生(1937年製作の映画)
3.0
『スター誕生』のオリジナル作品で、
主演は『サンライズ』のジャネット・ゲイナー
彼女のサイレントからトーキーに変わっても決して衰えなかった抜群の演技は、コミカルなシーンからシリアスなシーンまで抜群の巧ささで物語を引っ張った。
後に作品が3度リメイクされるが、本作がオリジナルということもあり、正当な作品で不必要なシーンが無く綺麗に終わりを迎える印象。
余談だが、『スタア誕生(1954)』は主演がジュディ・ガーランドの為であるからして彼女の才能はミュージカルで光るものである。だからこそ本作をベースにしてミュージカル部分を追加したことで間延びが起こった。しかし、ミュージカル部分の歌とダンスの迫力に賞賛が送れるが為にストーリーは二の次の本末転倒の様である。

『アリー/スター誕生』まで変わってない要素としては決まったセリフがあるということ以上に、主演の突飛した才能で作品を盛り上げることだ。今作は演技一本という形であるからこそ心置きなく鑑賞できるのもあるだろう。