deenity

ソルトのdeenityのレビュー・感想・評価

ソルト(2010年製作の映画)
3.0
アンジーのスパイ物。個人的にはアンジーはそんなに好きってわけじゃなくて、最近見たところでいうと『レッド・スパロー』のジェニファー・ローレンスの方が好きなんですが、この作品自体はスパイ物にしては結構シンプルでわかりやすく娯楽性に富んだ印象。アンジーと言えば『Mr.&Mrs.スミス』なんかもやったりしているので、アンジーファンには持ってこいかも。

アクションシーンは力入れてるシーンは力入れてますね。特にカーチェイスのシーンはかなり見応えがある展開だったと思います。取締室からの長めの追いかけっこだったけど、息もつかせぬ迫力があったと思いました。

ただこのシーン、前半にあるシーンで、「おお、これはなかなか!」と思っていると意外と後半失速します。「ん?期待したほどではないぞ」となるのでそこは注意せんといかんです。

スパイ物にしてはわりと早めにアンジーの立場のネタバレがあります。それがミスリードってのがありがちな流れですが、そもそものアンジーがわりとブレブレなんですよね。とりあえず婚約者の彼を本当に好きらしいってことはわかるんだけど、それ以外のところは曖昧だったりするかな、って思います。

ただ、だからこそ彼が殺されるシーンはアンジーの演技力が光っていて、腹の底の感情を押し殺す演技はさすがだなって思いました。
まあ後半はもったいない感じはありましたが、娯楽という点では及第点は越えてくる作品でした。