茶一郎

キャビン・フィーバーの茶一郎のレビュー・感想・評価

キャビン・フィーバー(2002年製作の映画)
3.6
『モット! パンケーキ! モット!』

 イーライ・ロス デビュー作の実にクレバーなホラー。あらゆる要素がしっかり脚本的な役割を持っていて、ホラーマニアらしい作品。

 今やホラーの帝王となった監督の原点。現実(リアル)と地続きの恐怖が描かれるため『自分ならどうしよう…』と考えてしまうこと必至。
 もちろん、ホラー映画には欠かせないゴア描写の鮮烈さ、登場人物の『人』を描く能力はデビュー当時からドス黒い輝きを見せる。

 パンケーキカンフー少年に始まり、お祭り状態のラスト。とりあえず、山小屋に行ったら水道水でも煮沸して飲もう(教訓)