キミシマムTHE裕君

キャビン・フィーバーのキミシマムTHE裕君のレビュー・感想・評価

キャビン・フィーバー(2002年製作の映画)
3.5
休みの間に山奥のコテージへと遊びに来た若者グループ。しかしそこで待ち受けていたものは・・・

『ホステル』シリーズ
『グリーンインフェルノ』の
!!イーライ・ロス監督!!
による長編デビュー作。
今をときめく鬼才監督がどんな作品を撮っているのか気になったので鑑賞。


パンケーキ!パンケーキ!


80年代以降のホラー映画監督の登竜門ともいえる”山小屋で若者ボコボコ系ホラー”を久々に2000年代に復活させた良作。
上記のセリフのように今どきのTiktokerもびっくりするような意味不明な場面があるものの、王道ホラー映画として合格点だ。
山小屋といえば殺人鬼が付き物だが(偏見)、今作での敵は意外な形で登場するのでそのアイディアや描写もなかなかだ。
そしてロメロ監督へのリスペクトを感じるシーンが多いのも彼のファンとしては嬉しい。
やはり名を馳せる監督のデビュー作はハズレが少ない。

キャストは全く知りましぇん。
どっかで見たことあるようなブロンド美女とかビッチとかアホな男とかヤリチンとか誠実な奴がいました。
あ、監督本人もアホくさい役ででております。若い!

イーライさん、予算的にも制限されながら頑張りました。
最近はなんか子供向けファンタジー監督とかしてるので、そろそろホステルレベルのヤバいやつを撮ってください!

山小屋ホラー好き、イーライロスのルーツを辿りたい方、そしてパンケーキの意味を知りたい方にはオススメの作品。