オーディションの作品情報・感想・評価

「オーディション」に投稿された感想・評価

まず、お断りさせていただきます。

三池監督の撮りたい映像と自分の“映画で観たいモノ”は合わないです。
すみません…。

今作、リアルタイムで観られたんですが、元々、ホラーが苦手なのでスルーしてました。
それでも、薄汚い畳の部屋のズダ袋の予告が、妙に印象に残っていて、Amazonプライムで偶然見つけ、その私の記憶のズダ袋を空けてみたくなり鑑賞。

う〜ん、正直なところ今の感覚から観ると映像も演出も微妙かなぁ…。

でもそれなりの評価を得ているので、当時としては充分だったのかもしれない。

印象としては、すごく撮りたいシーンとそうでもないシーンの落差が目立つよう。

こちら(観客)側の、ホラー系の映像や恐怖に対する感覚の慣れによる、経年劣化、色褪せ感みたいなのも大きいのかもしれない。

例えば、オーディションシーンで、テーブルの上の三角の名札?「プロデューサー〜」みたいなのって、最早コントだし。

オーディションのそれぞれ志願者の映像は、当時としてはそれなりに面白かったのかもしれないけれど、半分くらいは作り過ぎなキャラを演じてるような滑稽さを感じてしまった。

今だったら、ガチのオーディション映像でもアリなんだろうなぁ…。

所謂、怖いシーンになると途端に映像の濃度が増すのが分かり、すごく撮りたいのが伝わってくる。

でも、逆にこのストーリーでは、序盤に挟み込む非日常的な映像は、むしろもっと抑えてホラーっぽくしない方が、例えば今の感覚で言えば真っ赤なライトとかより、自然な薄暗さとかの方がずっと怖く感じると思う。

麻美(椎名英姫)にしても、青山(石橋凌)と会っている以外のシーンは、ほぼ不気味や幻想的な映像ばかりなんだけど、むしろ現実的に細部を描写し麻美にとっては、アチラ側も日常の中に当たり前に存在する世界で、愛も嗜好もフラットにした方が、より怖く感じるとは思う。

バレエ教室のあたりも、ちょっと見せ過ぎだろうか。
パズルで言えば、ピースが大きすぎて簡単にハマってしまう感じ。
もっと微かな断片程度の、ピース不足の完成しないパズルのような、意味がありそうで分からないくらいの方が、気味悪さがより増したように感じてしまう…なんだかすごく勿体無い。

それでも、当時としては、全体的にそこそこ抑え気味だったのかもしれない。

クライマックスは、今でも“痛い!”ので、当時はもっともっと痛かった!でしょうね!

エンドロールで大杉漣さんの名前があり、どこだ?と思ったら…アイツだったのね(笑)
山崎麻美の部屋が自分の部屋に似てて、もうちょっと部屋をコーディネートしようと思いました。
ミザリーと似ているところがあった。ゴア表現でまたまた〜とならずマジで痛すぎる。そしてなぜか見てて嫌悪感はなく〜
jk298

jk298の感想・評価

1.0
選抜する場面もっと作り込んだ方が良いね
しうち

しうちの感想・評価

3.6
ミザリーに匹敵する恐怖体験アンビリーバボー
大杉漣こんな役もやってたのか
昔、友達に勧められてたのですが気が向かず(痛そうなやつは苦手なので💧)、今回思い切って見てみました。
え?これホラーなの?という感じで進みますが中盤辺りからちゃんとホラーしてました(笑)
なかなか痛いです(;´Д`)
キリキリキリキリ♪←笑顔で言ってる様はキュート❤でもそこが怖いのかもしれません💦
MiYA

MiYAの感想・評価

2.0
本作は「90年代の最も怖いホラー映画」に選ばれたとか。
http://eiga.com/news/20140714/3/

なんとなく興味本位で観てみましたが、それほどのもんかなぁという感じ。前半は全くホラーの要素がなく、後半に気持ち悪いシーンを連打していく展開は新鮮ではありました。袋から人が出てくるところとか、足を切断するところはうわっと来る感じがありますが、たとえばこれが「悪魔のいけにえ」や「リング」を上回るインパクトがあるかといえば、それは否。B級映画の域は出ません。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.5
【妻を亡くした青山重治は結婚相手を探すため友人の力を借りてオーディションを開くことに。そこに好みの女性が現れるが彼女には恐るべき秘密があったホラー映画】

[独占欲サイコパス]
前半は若干の怪しさを醸し出すも妻探しのゆったりとしたストーリー、そして後半は...。もっともこの映画を観ようとする人はどう展開していくか知っている人の方が多いとは思うが。
徐々に地獄へ向かっていく雰囲気作りが良くできていて終盤の編集もいい意味で何が何だか。

妻探しの前半も退屈ではないが映画的な楽しさとしてもうひとつドラマがほしかった。
妻候補山崎麻美役椎名英姫が楽しそうに狂演。針が痛そう。
また脇を固めるキャストが國村隼を始めとした豪華キャストと言うのも見所。

椎名英姫(現:しいなえいひ)、主演『東京残酷警察』ある意味好きだよ。
yuukun46

yuukun46の感想・評価

2.9
この出演陣でまさかこういった映画になるとは想像してませんでした。
残り30分まではあまりホラー要素も無く終盤畳み掛けて来ました。笑いながら糸鋸使うシーンはかなり衝撃的です。
みみみ

みみみの感想・評価

3.5
キリキリキリキリキリ〜〜
>|