オーディションの作品情報・感想・評価

「オーディション」に投稿された感想・評価

まず、お断りさせていただきます。

三池監督の撮りたい映像と自分の“映画で観たいモノ”は合わないです。
すみません…。

今作、リアルタイムで観られたんですが、元々、ホラーが苦手なのでスルーしてました。
それでも、薄汚い畳の部屋のズダ袋の予告が、妙に印象に残っていて、Amazonプライムで偶然見つけ、その私の記憶のズダ袋を空けてみたくなり鑑賞。

う〜ん、正直なところ今の感覚から観ると映像も演出も微妙かなぁ…。

でもそれなりの評価を得ているので、当時としては充分だったのかもしれない。

印象としては、すごく撮りたいシーンとそうでもないシーンの落差が目立つよう。

こちら(観客)側の、ホラー系の映像や恐怖に対する感覚の慣れによる、経年劣化、色褪せ感みたいなのも大きいのかもしれない。

例えば、オーディションシーンで、テーブルの上の三角の名札?「プロデューサー〜」みたいなのって、最早コントだし。

オーディションのそれぞれ志願者の映像は、当時としてはそれなりに面白かったのかもしれないけれど、半分くらいは作り過ぎなキャラを演じてるような滑稽さを感じてしまった。

今だったら、ガチのオーディション映像でもアリなんだろうなぁ…。

所謂、怖いシーンになると途端に映像の濃度が増すのが分かり、すごく撮りたいのが伝わってくる。

でも、逆にこのストーリーでは、序盤に挟み込む非日常的な映像は、むしろもっと抑えてホラーっぽくしない方が、例えば今の感覚で言えば真っ赤なライトとかより、自然な薄暗さとかの方がずっと怖く感じると思う。

麻美(椎名英姫)にしても、青山(石橋凌)と会っている以外のシーンは、ほぼ不気味や幻想的な映像ばかりなんだけど、むしろ現実的に細部を描写し麻美にとっては、アチラ側も日常の中に当たり前に存在する世界で、愛も嗜好もフラットにした方が、より怖く感じるとは思う。

バレエ教室のあたりも、ちょっと見せ過ぎだろうか。
パズルで言えば、ピースが大きすぎて簡単にハマってしまう感じ。
もっと微かな断片程度の、ピース不足の完成しないパズルのような、意味がありそうで分からないくらいの方が、気味悪さがより増したように感じてしまう…なんだかすごく勿体無い。

それでも、当時としては、全体的にそこそこ抑え気味だったのかもしれない。

クライマックスは、今でも“痛い!”ので、当時はもっともっと痛かった!でしょうね!

エンドロールで大杉漣さんの名前があり、どこだ?と思ったら…アイツだったのね(笑)
jMatsuzaki

jMatsuzakiの感想・評価

3.5
三池崇史監督「オーディション」(2000)鑑賞 終。なるほどタランティーノやイーライ・ロス、ロブ・ゾンビやマリリン・マンソンが賞賛するのも頷けるハイセンスなカルトムービーでした :^D 今まで観た三池崇史監督作品の中ではベスト
この映画を初めて見た時、どうして主人公の青山は麻美という女性に惹かれたんだろって謎だったけど、終盤で「きりきりきりきり〜」って言い出して、手をふりふりさせて楽しそうに足を切断し始めてから、納得した。
かわいすぎる。
urukali

urukaliの感想・評価

2.0
「表現せざるをえない女は不幸なほどいいんだ」

わかる〜というか。
自分が生きている世界線の中では性善説でやってるつもりなんだけど、その実ストーリーに求めるキャラクター像は不幸なほどいいという自分がいる。
例えばラブストーリーはくっつくまでが面白いよねとか。
不幸とか、多少歪んでる人間の方が面白い作品書くとか言う人もいたしなー。
「人間に自信を与えるのはきちんとした訓練だけ」ってのもいいけど、きちんとしたってのがミソかなと。
純粋培養教育は偏った人間しか育たないって思ってるから。
仮面ライダーから石橋蓮司入った人間なんだけど、他作品で彼を見かける度にろくでもない役しかやってなくて思わず笑ってしまいます。

痛い、とにかく痛い。
ジメジメした狂気。これぞJホラーの真髄。

単にスプラッターならまだ良いものの、精神まで蝕んでくる丁寧な描写がタチが悪い。特に想像力を働かせるような夢想シーンは悪趣味の極み。

三池崇史監督の才能って残念ながら現在は疑われている部分も大きいと思うけど、本作ではその片鱗を十分に垣間見ることができる。
タイトルで見たけど怖すぎる。一部の人は好きなんやろうなー。
パロ

パロの感想・評価

3.8
キリキリキリー
これはラブストーリーです
なぜかレンタル屋さんい置いてない.......

その割りに海外でやたら高評価と聞いていた本作。


(*´-`).。oO(..........未観なのにDVDを購入するのもちょっと....)

と思っていたのですが格安でVHSが手に入ったので、やっとの鑑賞です。


うん。おもしろかったです。

物語後半の夢現のシーンでそこに至る経過を追っていくのはどうかと思いましたが(本当にそうであったか分からないという事ですよね?)、綺麗に幕が閉じられていたと思います。


(≧▽≦)ノ そして一番嫌悪感を感じたのは「きりきりきり」のシーンではなく「牛乳(?)」のシーンでしたー
(もももさん、激しく同感なのです)


何にしても十分楽しませていただきました。
yumi

yumiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

悲しい美しき殺人鬼。この作品見て三池崇史の印象がガラリと変わった。三池崇史って実写化映画ばかり携わって、見境のない人なんだなあって思っていたけど、こんな映画も作れるんだって思った。ほぼBGMなしのとても静かに進んでいくお話で、ストーリーが進むにつれ、狂気が露わになっていくお話。悪の教典を見直して思ったけれど、三池崇史の映画ってメタファー表現が多い。登場人物の心情をカメラワークで表現する。そんなシーンがとても多くて、またカメラに向かって語りかけるシーンやメタ表現はどこか「薔薇の葬列」を思い出させた。

麻美はすごく美人ってわけでもないんだけど、画面越しでもすごい魅力的で、麻美の妖艶な美しさに惹かれてしまう主人公の気持ちがわかる。それだけ彼女の演技がすごい。他にも役者が豪華すぎて、そっちに驚いた。嘔吐物を食べるシーンがやばいって言われてて覚悟してたけどグロ度はそこまで酷くなかった。嘔吐物もお粥にしか見えんかったし、足切るシーンもモロ作り物で安心。

三池崇史は好きじゃないけどこの作品は好き。
Toshiki

Toshikiの感想・評価

2.0
2019/01/11
>|