オーディションの作品情報・感想・評価

「オーディション」に投稿された感想・評価

まず、お断りさせていただきます。

三池監督の撮りたい映像と自分の“映画で観たいモノ”は合わないです。
すみません…。

今作、リアルタイムで観られたんですが、元々、ホラーが苦手なのでスルーしてました。
それでも、薄汚い畳の部屋のズダ袋の予告が、妙に印象に残っていて、Amazonプライムで偶然見つけ、その私の記憶のズダ袋を空けてみたくなり鑑賞。

う〜ん、正直なところ今の感覚から観ると映像も演出も微妙かなぁ…。

でもそれなりの評価を得ているので、当時としては充分だったのかもしれない。

印象としては、すごく撮りたいシーンとそうでもないシーンの落差が目立つよう。

こちら(観客)側の、ホラー系の映像や恐怖に対する感覚の慣れによる、経年劣化、色褪せ感みたいなのも大きいのかもしれない。

例えば、オーディションシーンで、テーブルの上の三角の名札?「プロデューサー〜」みたいなのって、最早コントだし。

オーディションのそれぞれ志願者の映像は、当時としてはそれなりに面白かったのかもしれないけれど、半分くらいは作り過ぎなキャラを演じてるような滑稽さを感じてしまった。

今だったら、ガチのオーディション映像でもアリなんだろうなぁ…。

所謂、怖いシーンになると途端に映像の濃度が増すのが分かり、すごく撮りたいのが伝わってくる。

でも、逆にこのストーリーでは、序盤に挟み込む非日常的な映像は、むしろもっと抑えてホラーっぽくしない方が、例えば今の感覚で言えば真っ赤なライトとかより、自然な薄暗さとかの方がずっと怖く感じると思う。

麻美(椎名英姫)にしても、青山(石橋凌)と会っている以外のシーンは、ほぼ不気味や幻想的な映像ばかりなんだけど、むしろ現実的に細部を描写し麻美にとっては、アチラ側も日常の中に当たり前に存在する世界で、愛も嗜好もフラットにした方が、より怖く感じるとは思う。

バレエ教室のあたりも、ちょっと見せ過ぎだろうか。
パズルで言えば、ピースが大きすぎて簡単にハマってしまう感じ。
もっと微かな断片程度の、ピース不足の完成しないパズルのような、意味がありそうで分からないくらいの方が、気味悪さがより増したように感じてしまう…なんだかすごく勿体無い。

それでも、当時としては、全体的にそこそこ抑え気味だったのかもしれない。

クライマックスは、今でも“痛い!”ので、当時はもっともっと痛かった!でしょうね!

エンドロールで大杉漣さんの名前があり、どこだ?と思ったら…アイツだったのね(笑)
愛

愛の感想・評価

2.5
しんど…
三池監督~
たまに傑作があるから
やめられない。
ささき

ささきの感想・評価

4.8
やべえ、とち狂ってる
三池監督が崇められてるのに納得
あ

あの感想・評価

3.3
キリキリキリ~
思ってたよりなまやさしかったかな
幸薄女優さんこわいでっす
大杉漣の無駄遣い!
国領町

国領町の感想・評価

3.0
★★★liked it
『オーディション』 三池崇史監督
AUDITION

原作は村上龍の同名小説

映画製作と称したオーディションで
再婚相手を探したら、あららら~!

ビックリしたわ!
袋から出てきた人は怖い

キリキリキリ~
ホラーというか、SMのすごいプレーか?
キリキリプレーと命名したい!
hinaoba

hinaobaの感想・評価

3.6
理想の再婚相手を探し求める中年男性の、コミカルで心温まるラブストーリー。ではありません。

こ、これはすごい。サスペンスにジャンル分けされてましたが、これホラーですよね?!ジメジメして陰湿なジャパニーズホラーは大の苦手なんですが、怨念や心霊系ではなかったのでなんとか最後まで鑑賞。

前半のユーモラスなラブストーリー風の部分が意外にもおもしろかった。理想的な若い女性との出会いに浮き足立ち、まんまと女の手中に落ちていく様子がかわいくもあり可笑しくもあり。石橋凌さんがこんないい俳優さんだとは知りませんでした。
後半との落差が素晴らしいですね。
後半は…(笑)。

もう一度観たいとは一切まったく思いませんが、一度観たら忘れられない強烈なパンチのある作品。世界的に評価が高いのも納得。
>|