おんちゃん

映画 闇金ウシジマくんのおんちゃんのレビュー・感想・評価

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)
3.4
闇金会社であるカウカウファイナンスの
社長である“丑嶋馨”(山田孝之)。
この会社は10日で5割という法外的に
高い金利で闇金業を営んでいる。
その中の1人である母親の借金の利息を払う
“鈴木未來”(大島優子)は、友人から楽に稼ぐ
方法として出会いカフェを紹介される。
しかし、売春だけは絶対にしないという
考えがあったのだが、簡単にお金が手に入る為
その決意が揺らいでくる。
その一方、未來の友人である“小川純”(林遣都)は
イベントサークル「バンプス」の代表を務め、
自分が持つ人脈を使い、のし上がろうとする。
次の大規模なイベントを成功させる為に金が
圧倒的に足らずカウカウファイナンスへと
金を借りに足を運ぶ…


ドラマはほぼ未視聴。
たまにテレビで放送してたら見てたレベルだけど
話の内容は大体理解した状態で視聴。
この作品を見るとお金の大切さとお金を稼ぐ
大変さを痛感させられる。
決して、楽にお金を稼ぐことは出来ず、
お金を稼ぐ為にはしっかりと自分で考え
行動することが大切であることのお金の
大切さを教えてくれる作品です。
闇金だけは絶対にダメ。

安定で山田孝之の表情を全く変えない演技、
実際にいたらある意味マジで怖い人。
だけど喧嘩シーンになった時の安心感は
半端じゃなかったです。笑