エクストリームマン

ゴジラ対ヘドラのエクストリームマンのレビュー・感想・評価

ゴジラ対ヘドラ(1971年製作の映画)
3.5
色々な意味で異色なゴジラ。ゴジラヒーロー路線の魁である一方で、公害をテーマにしていたり、サイケデリックな要素取り入れていたり、メインの登場人物が死んだり、ゴジラ飛んだりと、かなり尖った部分が目立つ映画でもある。

ヘドラがとにかくカッコイイ。目を縦にしたのは監督のアイディアらしいけど、素晴らしい判断。子供をかなり意識した演出(ゴジラのジェスチャーによる感情表現等)がありつつも、人の顔が爛れたり、溶けて骨になったり、ヘドロに呑まれて死んだりするハードな場面や、アングラバーで人の貌を奇形魚に幻視する主人公等の場面もあるが、これらが同居していていけない理由はないし、同居しているからこそ生まれる空気感もある。

ヘドラが煙突からスモッグを吸う場面は、鬼太郎がタバコ吸ってる場面みたいな感じで多幸感ある。