ピアニストの作品情報・感想・評価

「ピアニスト」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.0
駄作だとは思わない。ただ、「ミヒャエル・ハネケの映画にしては」点が低くなってしまった。変化球を投げ続けて来たハネケが投げた「豪速球」のラヴ・ストーリーといった感がある。そのストレートさ、例えば母親と主人公の娘/女との屈折した関係や性癖をこじらせて男とまともなセックスが出来ない変態さの描き方はしかし、成功しているかどうか。もう少しこちらを裏切る要素があれば……と思ってしまったのはないものねだりなのか。ハネケらしい要素はあちこちに散見される。例えば個室に閉じこもってテレビを観続ける母親が代表する「引きこもり」故の「閉塞感」(『ファニーゲーム』が密室劇だったことを思い出そう)、あるいはロングショットの使い方等など。官能的な要素、相手を切実に求めることとハネケのそうした「突き放した」描き方がミスマッチを起こしてしまっていると受け取ってしまったのでこうした評価になったのかもしれない。
タニー

タニーの感想・評価

3.0
冒頭から、親子の関係に違和感を感じてはいました。
そしたら、だんだん主人公の性格が見えてきてビックリ!
感情が『子供か‼︎』ってくらい一方通行。(仕事以外で)
仕事でも、感情が子供のままなので凄い事をし出します。
そして性癖も、だいぶ変わっています。感情が子供なので、自我を抑える事が出来ません。

もう、何だか可哀想になってきちゃいました。

そして、あっけないラスト。
やっと子供から少しだけ大人になったのかなぁーと思いました。
ピアノも親も男も捨てちゃえー!
新しい自分、脱皮したみたいな。
良い方向か、悪い方向かは謎ですが・・。
うちも過干渉なので、なんともいえない
yuma

yumaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

eva green
チャノ

チャノの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

変態女と熟女好きの話。
個人的には手紙の内容同様のことを
された時、本気で嫌がってるのは
どういうこと?
歪んだ性癖が治ったの?
実際にやられると
嫌だったってこと?
子供の頃からピアノに没頭させられ
人とのコミュニケーション不足と
過保護に育てられたまま
大人になり
反抗期を迎えたって感じかな。
うさこ

うさこの感想・評価

3.5
当時見たときは若かったけどエリカと同じくらいの歳になってしまった。こんな若い子に言い寄られて信じていいのやら分からなくなる。

このレビューはネタバレを含みます

性差に言及した作品かなと思いました。
エリカは変態、病気だって言われてるけど、じゃあ彼女が男でも同じ扱いになったのかどうかは疑問。
母親が世間を象徴してるのかわからないけど、たしかに女性が男性を家に連れてくだけでいろいろ言われるのはそうだ。世間は過干渉な母親並みにコントロールしたがる。
恋の駆け引きについて描いてる点も人間の心理をついてるなぁと。追う側、追われる側になることはほとんど避けられなくて、始まりは大体男が前者。
後者になった途端にどこまでも冷たく横柄になれるのはなぜなんだろうね?男は冷たくされると余計に追いかけたくなるようだけど、女はそうされて耐えた末に男を捨てる。
でも男にはそれはわからないし、「もう好きじゃないのか?」と混乱する。終わりも始まりもとことん噛み合わない。すごくリアルだ。彼女が彼を振り回したんじゃなくて、男女ってこんなもんだ。
ハネケ氏らしくえげつないくらいどれも極端に見せつけてくる。ピアニストの設定も性的倒錯との"落差"を際立たせる意図で選んだのかなと思ってしまうほど。
免疫がついたのもあるのか見ていてそこまでしんどいと思わなくなったけど、恋愛とはなんぞやというのを究極まで冷ややかに見も蓋もなく説明されたような気持ちになった。
作風自体は好みじゃないけど、見事だと思う。人間をよく見てなきゃ絶対つくれない作品。ラストが意味深で余韻になってなかなか頭から離れない。
うき

うきの感想・評価

3.0
もう観たくないけど忘れたくもないと思った。

親の過剰な干渉にイライラしたし、登場人物全員がとてもアンバランスだった
人は皆そうなのかもしれませんね
クセがすごい
みつこ

みつこの感想・評価

2.8
耽美な作品かと思ったら全然違う…
私の勘違いだった…

箱入り娘恐ろしい
>|