ペコ

ビルとテッドの地獄旅行のペコのレビュー・感想・評価

ビルとテッドの地獄旅行(1991年製作の映画)
3.9
ビルとテッドの大冒険の続編!
相変わらずのアホっぷりとエアギターで安心でした(^ω^)

今度は2人が命を狙われてしまう話で、1度死んで地獄巡りをします!

地獄で知り合った死神がこれまたいいキャラですね〜
「みんな今を楽しもうぜ!どうせ最後は俺と踊るんだから!」とか言いながらロックする死神って最高でしょ!ψ(`∇´)ψ

一つ文句を付けるなら、肝心の地獄の描写がちょっとヌルかったな。
2人が内臓出しながら苦しんで、でも、ま、いっか!とアホパワーで乗り越えるシーンが欲しかった。(機械のビル&テッドが腹出してるんだから、生身の2人は腸出すくらいしてくれないと…)

でも、本当に楽天的で、平和への愛と喜びに充ち満ちた作品だと思う。
ラストには一抹の寂しさも感じたり…
もっと2人を見ていたかった〜(´;ω;`)
とにかくエクセレント!!!