銀河ヒッチハイク・ガイドの作品情報・感想・評価

「銀河ヒッチハイク・ガイド」に投稿された感想・評価

普通のSF映画なら丸々一本かけて描く地球滅亡を、冒頭20分?位でサラっと終わらせてしまう。
しかも滅亡理由も酷い。
話の内容は哲学的だけど、描写がいちいちふざけているので笑えてしまう。
サム・ロックウェルが楽しそうで何より。
そして鬱ロボットのマーヴィンが可愛い。
この子の声にアラン・リックマンを使っちゃう贅沢。
あの低音ボイスが陰鬱なマーヴィンにお似合い。

今後はイルカさんの動向に気を付けましょう。
それとタオルを忘れないように・・・。
この感想も意味不明だけど、これはそういう映画。
h38

h38の感想・評価

3.0
さようなら、魚をありがとう
吹替鑑賞。
2019年133本目。
ジャム

ジャムの感想・評価

4.5
10数年前に観たのかな。めっちゃ面白かったなーという記憶。
サム・ロックウェルが魅力的。
今気付いたけどゾーイ・デシャネル出てた!
また観よう!
Haruka

Harukaの感想・評価

3.8
英国バカコメディが好きな人向け。できれば仲のいい人と酔っ払って見るべき。
宇宙なのにあれもこれもアナログな感じがダサくていい。最初はテンションについていけなかったけど、慣れてきたらいちいちおかしい。キャラがそれぞれいい。
ねえマルコヴィッチなにしてんの?(笑)しかも登場の仕方が子供にはトラウマレベルでキモい(笑)
そしてビルナイさんも…。

もう一回見てもいいくらい(次は酔ってみんなで)バカほんわりで好き。
Chiwa

Chiwaの感想・評価

-
SFって案外深いなって思った。
ふじい

ふじいの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

「さようなら、魚をありがとう」の圧巻のオープニング、立ち退き要求される主人公の家と銀河バイパス建設のために立ち退き要求される地球、音楽にぴったり合わせて地上から宇宙まで引いていくカメラ、爆発する地球、はい最高の幕開け!!!

地球が無くなっちゃうという絶望的な冒頭なのに一貫してあっけらかんとした色味でぐいぐい進んでいく気持ち良さ。
悩んだり辛くなってしまう部分がほとんどないまま、あんな冒頭からちゃんとハッピーエンディングに持ってこられるところにSFの凄まじい力を感じる。


コミカルでシニカルでファニーなセリフ回しと、淡々としたナレーションの相性が抜群!
「人間は三番目に賢い」という精神、すっかり信じてしまっている。冒頭のイルカから始まったその言葉が、ちゃんと伏線として最後に回収される気持ち良さ。今でもすっかり人間は三番目だと思ってしまっている。

現代の視点でも全く古くさくないガイドのインターフェースや、劇中に登場する様々な生き物や超鬱型ロボットマーヴィンなど、デザインとしても美しかったり面白いものばかりで、見れば見るほど好奇心が湧いて出てくるような作品で、今のところ人生のベスト映画。


個人的に一番好きなシーンは、追尾ミサイルに追われている最中に自動運転の宇宙船に対して「なんとかして!」と声をかけたら「かしこまりました!」とハンドルが出てくるシーン。
原作全部買います
comiyan

comiyanの感想・評価

4.0
Googleで「生命 宇宙 そして万物についての究極の疑問の答え」って検索するととある数字が出てくるんですけど、出典はこの映画。くだらなくて大好き。
Azul

Azulの感想・評価

3.5
記録用
>|