TSUBASA

シンドラーのリストのTSUBASAのレビュー・感想・評価

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)
4.5
高得点をつけざるを得ない名作。
リーアムニーソン若いですね(笑)
まずわざとモノクロにすることに
よりリアリティーを出してます。
実在したオスカーシンドラーを
軸にした歴史物映画であり
ユダヤ人の迫害、殺戮にスポット
をあてています。

中盤のゲットーの解体はえぐい。
知ってはいましたがほんと
ナチスはすぐ人を殺す。まるで
虫螻のように。
一言反論するのさえ命取り。
頭をぶち抜かれかねない。

ただ、一発で即死ですから
古代の死刑に比べたらまだ良心的
なのでしょうか、、でもいずれに
せよ残虐なのは変わりありません。

ユダヤ人を雇い守ろうとする
シンドラー。その溢れた感情が
クライマックスに出てくるので
少しもらい泣きをしそうでした。
クライマックスが特に良い。
しっかりまとめあげてるなと感じ
ました。

戦場のピアニストよりまた数段
リアリティーが高く
190分もあるので歴史をもとに
したドキュメンタリーが苦手な方は
かなりきついと思いますが
やはり名作と思うので是非。

ところで全編モノクロの中
中盤、赤色のコートを着た少女が
現れます。あれはなんというか
その次に登場した姿をみて唖然
としました。恐らく言いたいことは
そう言うことなのだろうかと、、
解釈がわかれているそうです。