シンドラーのリストの作品情報・感想・評価

シンドラーのリスト1993年製作の映画)

SCHINDLER'S LIST

製作国:

上映時間:195分

ジャンル:

4.1

「シンドラーのリスト」に投稿された感想・評価

FluffyFox

FluffyFoxの感想・評価

3.4
残虐。事実としては知っていた時代だが、映像で観ると衝撃が突き刺さる。同じ地球上で実際に起こった事だと信じられない。
シンドラーが最初から善良な人でなかった事が意外だった。普通は残酷さに慣れていってしまいそうだが、だんだん人情が出てきて救済できるシンドラーのような英雄は中々居ない。それでも助け切れなかったことに後悔するシーンは胸が痛くなる。
ただ、色々伝えたい事があるのは感じるが、詰め込み過ぎて180分は長い。
シンドラーという偉大な人を伝える為に、作らなければいけなかった映画だと思った。
Takutomo

Takutomoの感想・評価

4.1
シンドラーのリスト

オスカーシンドラーの善に溢れるリストを巡る物語。リストが作られるまでの道のりは決して容易いものではないが、そこから救われたユダヤ人達は今もなおしっかりと地に足を着けて生きている。スティーブンスピルバーグ貴方はユダヤ人達の魂の権化かと言わせんばかりの超大作となった映画である。間違いなく映画史に刻まれる一本であろう。
よ

よの感想・評価

4.8
本当にこの映画はとても良い!
大好き!
DVDも買って毎年必ず見ている映画!!
バイオリンの切ない音色がとてもあっていて胸が痛くなる
戦争で全てを失い悲痛にくれているそんな中に一筋の光が差し込んでいるような気がする。曲もいいし内容もリーアムニーソンも全部良い。最期の男泣きのシーンは本当に何度見ても感動する
重苦しい内容なのに少しほっとするようなシーンを出してきたり緊張感のあるシーンだったりとコントラストが凄すぎた
Ellieeeee

Ellieeeeeの感想・評価

4.2
ナチス ホロコースト のお話し。
高校の授業で半分強制で勉強していたので歴史自体には馴染みがあったものの、恥ずかしながら今作をまだ見たことがありませんでした。ホロコーストを題材にした映画はよくあるけど、これは名作なだけに、本当に素晴らしかったです。
スピルバーグはこんな作品も手掛けられるのね…
アカデミー賞ほぼ牛耳っとるやん!!

当時、シンドラーの人がいたという事実を知れただけでも良かった。
神さまのような人がいたもんです。

このジャケットを見る度に胸がジーンときそう…
人を尊敬する心は絶対に忘れてはならない
berryclan

berryclanの感想・評価

4.5
同じ境遇でもどうして善になる人と悪になる人がいるんだろう。。そしてお金は人を動かす、良くも悪くも。シンドラーはこのピンが、この車が何人を助けられた、って言っていたけど、身なりが良くてお金や権力があったからこそここまで行動できたのだとも思う。
だるま

だるまの感想・評価

4.7
スピルバーグは
こんな映画も作れるのか‥。

この映画の重厚感。モノクロというのが余計にそれを引き出している気がする。
この世界に生きているならば、この世界の過去を学ばなければならない。
その過去を知るための恰好の映画と言えよう。

史実がどうこうというのは分からないのであえて触れない。

年を経てから再度鑑賞したい。
も

もの感想・評価

-
スコアはつけれません。
映画というよりは実話ベースの長編ドキュメンタリー。
現代じゃ考えられないような残酷なシーンの連続とそこから感じ取ってくれと言わんばかりの強いメッセージ性。
そんな作品に私なんかが好き嫌いで点数つけれないなぁと。

作中の9割ほど凛としていた人が、ラストで泣き崩れるシーン。
それまでにどんな想いだったのだろう、
色々な葛藤があったんだろうなと、鑑賞側も急に胸ぐらを掴まれたかのようにハッとさせられる。

モノクロの中に突如現れた赤色は、今まで見てきた中でも一番存在感あり、忘れることができない赤色でした。

長いようで短かった3時間強。
最後まで観終えれて良かった。
obagi

obagiの感想・評価

-
第二次世界大戦 ナチス ユダヤ人大量虐殺

淡々としんどいんですが、非人道的な行為でも段階的に行われるとなんとなくみんな受け入れてしまっているのが怖いところかなと。受け入れざるを得ない状況だったのでしょうが。

人種差別の行き着く先。

[好きな部分]
曲/Tango Por una Cabeza
リーアム・ニーソンさんが若くてかっこいい

[嫌いな部分]

[感想を書いた時の視聴回数]
初見

[所持管理番号]
A70
古いし長い。だが、生まれてきたからには観なければならない。
>|