寿都

南から来た用心棒の寿都のレビュー・感想・評価

南から来た用心棒(1966年製作の映画)
4.6
祝・はじめてのマカロニウェスタン!は文句なしの面白さだった。

ヒーローの名はその名もアリゾナ・コルト!ぴちぴちなのにかっこ良いぞこのヒーロー。若さがハンデになっていない稀有な男。

ジェーンのお父様、強そうなのにへぼい悪役クレイ、あの神父といい、あの棺桶屋(大好き)といい、脇役の親近感に魅力がある。イタリアの山田洋次監督かよ。

定番だけど「正義を貫く勇気あるヒロイン」が、「本当に強い男」に落ちる流れはいいよね!女の一夜を買うため命をかける男、ロマンあるな〜w

初マカロニの感想メモ
まず衣装がカラフルで笑っちゃう。撃たれる演技がオーバーで日本の殺陣みたい。陽気でキュート・かっこつけない。悪役は超無慈悲。暑そうだけど厚着で気温がよくわからない。
WANTEDや看板や人名は英語、そりゃそうか。アメリカンというよりメキシカン。土が白い。