7つの贈り物の作品情報・感想・評価

「7つの贈り物」に投稿された感想・評価

くまみ

くまみの感想・評価

4.5
ウィル・スミスの演技に今回もやられた。
序盤は話が見えなくてつまらないと感じたけど終盤…
私だったら同じ事はできないだろうなとか、残された人の気持ちは?など色々な感情がでてきて泣いてしまった。

好きな映画の一つ
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.0
最後に急展開
Daiki

Daikiの感想・評価

2.1
期待してたより微妙かな
memomemo

memomemoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

おもい 自分の命を絶ってまで他人を助けなくても、それが事故の償いになるわけでもないし。てか、自殺を肯定しているようにも捉えられると思ったけど、感動した。特にエミリーといい感じになった以降が悲しくなる。
PI

PIの感想・評価

3.6
だいたいのあらすじを知っていたので付いていけたけど、細かい部分は分かり辛かった。
にしても、こんな償い方有りですか?
事故の犠牲者にではなくて、不幸だけれど全くの他人様に⁈
しかも、恋愛感情を抱かせてから消えるなんて酷だと思う。
コメディー、感動作、SFと幅広い映画に出演している、個人的にこの作品、良い作品だなと思える作品に必ず出ている役者さん、演技の幅も広い、素晴らしい役者さん、それがウィルスミス!!

日曜の昼間なので、泣ける作品をと思い、前から気になっていた作品を鑑賞

主人公のベン(ウィルスミス)が911に電話、救急車を呼び、自殺者がいると答える、誰ですか?と聞かれた問いかけに、自分だと答えるシーンから始まる

交通事故で犠牲になった妻、犠牲者の新聞の切り抜きを持っているベン、断片的に記憶が回想されるシーン…

妻以外の事故にあった生存者に会いに行くベン、ベンの本当の目的とは…

途中から主人公のラストのオチが見えてしまいましたが、ラストは切なく、悲しかった
RRR

RRRの感想・評価

-
最後の最後でようやく意味が分かる内容。
Runa

Runaの感想・評価

3.5
脚本が…題材と映像は悪くないのに勿体ない
とっても勿体ない。

ウィルスミスは世紀末のNYでゴルフするか
犬と戯れるか宇宙救うか子どもと戯れるかが良い。

割とミスが初歩的で感情移入しかねるし
二度見る方がわかる構成なのだけど、
二度見るほど魅力的で無いという。。
ラストシーンは、素敵!
臓器が生きているから、その人も生きている。哀しいが、救いのある映画。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.9
Oh! Lord!! と打ちひしがれた余韻…軽やかなウィル・スミスの印象に、この邦題を良さげに解釈すると痛い目に遭うかもで、本作も見る側の倫理観を試す様な作品。

冒頭でポイントになるシーンを見せておきつつ、改めて最初から展開させるも、中盤過ぎまで疑問符だらけながら・・・やっと終盤で薄々感じられ、ラストに驚くべき計画に揺さぶられることになる。

原題は“7 POUNDS”で、あの『21グラム』が頭をかすめたが、彼の贖罪は正しかったのか…God Only Knowsか。

ウィル・スミスの巧さにもニヤリ。
>|