Torichock

ピープルvsジョージ・ルーカスのTorichockのレビュー・感想・評価

3.5
「THE PEOPLE VS GEORGE LUCAS/ピープル VS ジョージ・ルーカス」

「フォースの覚醒」を見たあとに、あまりにも熱中しすぎてる世間に対するカウンターなのか?それとも、ルーカスが権利をディズニーに売ってくれて、ルーカスの手から離れたことで面白くなった「フォースの覚醒」を振り返る意味での鑑賞なのか?それは今となっては分かりませんが、年末に「ファン・ボーイズ」と合わせて鑑賞しました。

もちろん、「STAR WARS」が多くの人の人生を狂わせた映画であることを証明すると同時に、良くも悪くも監督であり聖典の生みの親であるジョージ・ルーカスという男の人生を変えてしまった映画の存在を紐解くドキュメンタリー作品。
誰も彼もが「STAR WARS」の愛を語りながら、プリクエルに対する批難やら、「STAR WARS」グッズに金を使いすぎてしまったファンの恨みやらを露呈しまくる。
そして、ジョージ・ルーカスに対しての恨みも持つものや、サイモン・ペッグの悪口も盛り込まれてるのである。
そう、

好き過ぎて嫌いになる。

これは、我が国にもいっぱいありましたね。最近だとAKBアンチ。
僕は彼女たちのアンチてAKBのこと大好きだと思ってるし、"AKB?良く知らない"という人も、実は気になって仕方ないと思ってるように思ってるんですよね。
なんか、そんなヲタたち的に「STAR WARS」で盛り上がるそんな人たちを、可愛らしく思えて来るんですよね。
僕個人としては、「STAR WARS」自体に対する思い入れはあまりありません。
ちょいと細かいところと、話がわかる程度にしか見ていないし、今回も完全に祭りにノっただけです。
また「SUPER 8」を見た事によって(もちろん、めちゃめちゃつまらなかった)、今回の「フォースの覚醒」も、「スター・トレック」同様、J・J・エイブラムスのラッキーホームランな作品だと思うようになりました。いや、面白いんだけどね。

確かにジョージ・ルーカスが、「歴史修正主義者」と揶揄されるほど、作り手としては反則的行為をしまくってるのは周知の事実。しかもそれが、やおらエピソード4.5.6の神秘性をことごとく破壊するような、エピソード1.2.3.を撮ったことによる辻褄合わせ。いわば"後出しジャンケンで負ける"的な行為ということも、この映画を見ることでわかるわけです。

でも、結局のところ「STAR WARS」はルーカスのインデペンデント映画なわけじゃないですか?
後から付け足してつまらなくするって、作り手としてはダサいですけど、それはそれ。彼が何をしようが勝手だし、それに振り回されるのも「STAR WARS」という映画の範疇を超えてしまった巨大な"帝国"の"ダークサイドのパワー"だと思って付き合っていくしかないと思うんですよね?

こんな風に、ここまでファンと監督との距離が近かったり、愛憎込めた関係性を持った映画はきっとこの先も出てこないだろうし、「STAR WARS」という巨大デススター産業との世界の関わりは、12.18を思い出すだけでも楽しかった。
何よりこの映画を見て思ったこと、そしてそれ自体がこの「STAR WARS」という作品の価値でもあると思うんですが、こんな映画もできてしまうくらい、


お前らほんっとに






「STAR WARS」大好きだな!