ヘドウィグ・アンド・アングリーインチの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ヘドウィグ・アンド・アングリーインチの作品情報・感想・評価

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」に投稿された感想・評価

「なら私の股間も愛して!」
出てくる曲 出てくる曲 そして出てくるイラスト、どれも大好き!未だに Wicked Little Town と The Origin Of Love はよく聴いてます。
全編通して殆どが音楽シーンなんですが、全く飽きず気がついたらいつもラストシーンだった…っていう感じです。それも綺麗で醜くて美しくて不細工でかわいいヘドウィグのキャラと演技の凄さによるものなのかなーと思います。
ラストのライブシーンはちょっと長い気はしますけどね!

終わった後は毎回ハリボーが食べたくなる。そんな映画です。
Kuuta

Kuutaの感想・評価

3.7
曲が良いです。特にWig in a Boxが泣ける。孤独なソファーから少しずつ自分を奮い立たせていく。

単に「私を認めて!」と叫ぶんじゃなく、自らを客観視し、その時の思いを一つ一つ歌にしながら、自己肯定のステップを踏んでいく。どこにも属せないヘドウィグだからこそのラストカット。

ただ、そういった展開なのは頭では分かったんですが、トミーが出てくる後半からは抽象度高めな印象で、歌と歌の繋がりが自分にはあまりピンとこず残念。繰り返し見たいと思う。
最後のライブシーンカッコいい。女装より男性のままの姿の方がセクシー。自己肯定映画。
obagi

obagiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

旧東ベルリンに生まれたハンセル、性転換手術を受けるも失敗。
そんな彼(彼女)が元彼と曲の著作権で裁判中、ストーカーしながらもダイナーなどのステージで自分の人生を歌いつつ進む愛のお話。

[好きな部分]
・とにかく音楽!!特に好きなのは
(Origin of Love / Hedwig & Angry Inch)
(Wicked Little Town / Tommy Gnosis VersionもHedwig Versionも)
(Wig In A Box / Hedwig & Angry Inch)
(Midnight Radio / Hedwig & Angry Inch)
(Sugar Daddy / Hedwig & Angry Inch)
作中ではまるでプロモーションビデオのように色々な衣装、演出の中歌いまくるヘドウィグが素敵
・衣装
・グロテスクとも言えるメイク
・個性がすごいヘアスタイル(カツラ)
・でもナチュラルに女性スタイルの時は羨ましいくらい綺麗!
・踊る少年ハンセル
・乱闘(マネージャーも混じってるのが面白い)
・トレーラーハウス
・ベルリンの壁
・ブラを乾燥機にかけて叱られて泣くメンバー
・即席バンドで歌うヘドウィグを見つめるトミー
・トミーとの関係から一躍注目を浴びたヘドウィグのライブを見に来たもののドン引きの観客達
・歌うトミーを見つめるヘドウィグ
・それまで怒りに満ちて独りよがりだったヘドウィグ、ラストでは全てを脱ぎ捨ててアングリーインチのメンバー、何よりイツハクと一心になって歌う。解放。
・食べて、吐き出し、ぶつかり、混ざり合う

[感想を書いた時の視聴回数]
5回ほど

[所持管理番号]
Amazonビデオ
risa

risaの感想・評価

3.5
本当に曲が最高。
mylan

mylanの感想・評価

2.7
音楽が良かった。途中で寝ちゃったからまた観てみよう。
かっけえ
>|