ハリー・ポッターと賢者の石の作品情報・感想・評価・動画配信

ハリー・ポッターと賢者の石2001年製作の映画)

HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE

上映日:2001年12月01日

製作国:

上映時間:152分

4.0

あらすじ

「ハリー・ポッターと賢者の石」に投稿された感想・評価

にこ

にこの感想・評価

4.5
もっと早くからハリーポッター見てればよかった
世界観が素敵
kanata

kanataの感想・評価

-
小2のかなたはレイトショーにもハリーポッターにもママと興奮した!
y

yの感想・評価

4.0
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ハリーがホグワーツに入学して
あれやこれやのおはなし。
ちっちゃい三人が本当に可愛くて愛しい
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
大好きすぎるハリポタシリーズ。全部映画館で観てる。ハリーたちと同世代だから一緒に育ってきた気分。わたしもホグワーツに入学したかった。
大好き!!!ずっと大好き!
もちこ

もちこの感想・評価

5.0
大好きな作品の1作目。

このレビューはネタバレを含みます

『ハリー・ポッターと賢者の石』('01)
Harry Potter and the Sorcerer's Stone / イギリス / 英語

原作は読んだが、素晴らしい世界観を見事映像化した作品だった。
ホグワーツ魔法学校の内装だけでなく、魔法動物やお菓子、日用品など、設定や描写が細部まで作りこまれている。
ダイアゴン横丁のシーンはぜひ探索してみたくなるようなセットで、オリバンダーの店やほうきの店にも心惹かれる。
授業のカリキュラムも「闇の魔術に対する防衛術」や「魔法薬」、「変身術」、「飛行訓練」と、ぜひとも受講したくなるような内容だし、そもそもの発想力が素晴らしい。
シリーズのこの後に出てくるが、「古代ルーン文字学」「占い学」「魔法生物飼育学」などと、とても楽しそうだ。

そして、本作でも作りがうまいのが、魔法魔術学校での青春物語に留めずに、闇の魔法使いであるヴォルデモートの存在だ。
この後を知っていると、本作が暗い物語になるばかりの理由はこのヴォルデモートのせいだが、彼の存在がないと本作自体がメリハリのない作品になったことだろう。
また、「選ばれし者」や「分霊箱」などの小難しい話でなく、低学年向けの友情と勇気で困難を乗り越える話であるため、万人向けの作品に仕上がっている。
子供向けが故なのか、所々に突っ込みどころはあるが、気にしないでおいた方が楽しめる。
(例えば、クィレル先生はどうやって鏡まで進んだのか、とか)

イギリス映画なので、「ナルニア国物語」シリーズや『オリバー・ツイスト』でも同様な色合いの暗さが、子供向けの娯楽作品でも色濃く残っている。

ヘドウィッグのテーマはもちろんだが、その他の映画を彩る音楽も素晴らしい。

配役も素晴らしかった。
主演三人に加え、初々しい生徒を演じた俳優たちと、英国大物俳優総動員の教師陣。
個人的にはロン・ウィーズリーとドラコ・マルフォイを演じた二人には注目して欲しい。
また、ウィーズリー家の双子の兄弟やネビル、シェーマスといった強烈キャラクターもぴったりの俳優だった。
シリーズを通して「闇の魔術に対する防衛術」の先生は、毎回どんな大物俳優が登場するのかも見どころ。

とても面白い映画だし、ぜひ子供に観せたいと思える映画だった。
るるこ

るるこの感想・評価

4.5
みんな子供だったのに、立派に成長しちゃってお母さんは嬉しいよ😂
っていう心境です。

楽しみにしていたUSJのアトラクション、ものの20秒位で吐き気と戦ってました
_| ̄|○

誰か三半規管の鍛え方を教えてください
(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
マルフォイが可愛い
>|

似ている作品