kirito

羊たちの沈黙のkiritoのレビュー・感想・評価

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)
4.1
【人の皮をはごう(使命感) ふぁ!怖すぎワロタw】

100匹の羊のうち1匹が群れから離れた時、羊飼いは99匹を残してその迷い出た1匹を探すだろうか。
(*マタイの福音書より意訳)

………………………………………………………


久しぶりのサスペンスキタ――(゚∀゚)――!!

女性の皮をはぐぉ*\(^o^)/*

というマジでサイコパスな犯人を逮捕するために、今、名も無きFBI訓練生が立ち上がる!!
というミステリー映画の最高峰。
それがこの「羊たちの沈黙」である。


まず、邦題がかっこいいよね。
そんで、ジャケットがセンスあるよね。


ミステリー好きというならばこの映画は避けて通れないと言われるほど、有名な一品である。


FBI訓練生のジョディ・フォスターが可愛すぎワロタヽ(・∀・)ノ
なわけで、それについて紙面を裂きたいところだが、それよりも特筆すべきことがある。


それは、皆さんご存知のようにやはりアンソニー・ホプキンス演じるレクター博士の存在であろう!
なんなら、彼の演技を観るためだけにみてもよい。

画面を超えて伝わる怖さ。
みてるこちらに緊張感をあたえる。
レクターが画面に映るまでに、登場人物たちが散々その怖さを伝えてくれるので、とてつもない化物であることがわかるはずだ。
とにかく眼が怖いのよ(´・ω・`)
夜寝れなくなるぉ…


肝心の脚本面だが、
サスペンス好きも満足する出来なのではないだろうか。
(→いや、満足できるから名作なんだろJK)


ジャケットの口のところにいるガちゃんにもちゃんと意味があるのですよ。はい。


これも例のタグ行きですな…


私は観終わってから知ったが、続編があるらしい。
その程度の知識しかないw
観るのは先になりそうだが、レクターのじいちゃんは観たいからいつかは観ようと思う。
『ハンニバル』。
この映画は知ってたけど、まさか続編だったとは…怖いわぁ。・゜・(ノД`)・゜・。


……………………………………………
さて、その羊飼いは、はぐれた一匹を探すのだろうか?
あなたが羊飼いだったら…どうします?

2015.11.2