羊たちの沈黙の作品情報・感想・評価・動画配信

羊たちの沈黙1990年製作の映画)

The Silence of the Lambs

上映日:1991年06月14日

製作国:

上映時間:118分

4.0

「羊たちの沈黙」に投稿された感想・評価

TEN

TENの感想・評価

4.0
アンソニーホプキンスのレクター博士が、
奥深い表面的ではない狂気を持っていて、
セリフや会話、言葉の一つ一つが、とても考えさせられる物ばかりだった。

若かりし頃のジョディフォスター半端ないな。
きり

きりの感想・評価

4.3
原作に忠実でした!レクターの紳士性も狂気性もしっかり現れててよかった。

もう少しバタフライのこととかビルのこととか詳しく描写して欲しいかったかな、
小説上下あるものを2時間でまとめるのは難しいから仕方ないけどね!
【記録】
fooko

fookoの感想・評価

5.0
10回以上観た
究極の恋愛映画
クラリスが綺麗すぎて最後までハラハラしてた…………アンソニーホプキンスマジでハマるなぁ

このレビューはネタバレを含みます

至る所で身体中の血液の流れが滞るのを感じる精神削り気な映画だった。最後は、最悪のオチが想像できてたからこそ、違う展開で救われた。これ、続編ある?なんか似たタイトルいくつかあるけど、監督違うし、続きがあるなら観たい。

「もともと犯罪者は居ない。彼の場合は幼少期からの虐待が彼を変えたんだ。」と分析したドクターに加えてバッファロービルが時折見せた苦しそうな表情や不安定な精神。もう少し苦難や過去が描かれてたら感情移入してしまってたかもしれない、っていうくらいに穴の上からもがく男の表情に惹きつけられてしまった自分がいた。(ちょっと怖い)

キャサリン母の訴えはすごくいい言葉で溢れてたと思う。どんなに悪いことをしていても、その瞬間に、自分がこれは残酷だ、相手を傷つけているんだ、っていうことに気づき、その行為をやめることが出来たら、それが慈悲であるんだって。今回、男にはちっとも響いてなかったけども。

ずーっと観たかった映画のうちの一つ。怖かった!でも、それ以上に久しぶりに身体の中から映画を体感した。よかった!

映画を見てから気付く、タイトルと写真はこわさね笑
鑑賞記録。
要見直し
>|