羊たちの沈黙の作品情報・感想・評価・動画配信

羊たちの沈黙1990年製作の映画)

The Silence of the Lambs

上映日:1991年06月14日

製作国:

上映時間:118分

4.0

「羊たちの沈黙」に投稿された感想・評価

Yui

Yuiの感想・評価

5.0
レビュー1000本目だったので、愛してやまない羊たちの沈黙を再観賞。何十回観たか分からないけど、何回観ても惹き込まれる。

内容は今更なので書きませんが、何度観ても飽きない。飽きない理由を誰か教えて下さい。
ストーリーも映像もいい。そこに合わさるクラシック音楽もいい。そして、クラシックを欲するハンニバル・レクターが最高にいい。

ハンニバル・レクターが魅力的過ぎて、何度観てもうっとりしてしまうんです。すごくすごくかっこいい。
知的で紳士的で、上品でユーモアがあって、何事にも動じないメンタルに、見た目では分からない強い肉体、そして包容力。
さらにはアンソニー・ホプキンスから出ているのか、彼が演じるハンニバル・レクターから出ているのか分からないけれど、隠しきれない漂う色気!セクシー過ぎる!勘弁してください!
人さえ食べなきゃめちゃめちゃいい男だよなぁと思うけど、人を食べてもいい男なんだから罪深い。彼になら食べられてもいいかもしれないとさえ思わせる魅力があるんだよなぁ。

そしてなんと言っても、華麗さ。
私は、感情を表に出さない華麗なサイコキラーが好きなのですが、たぶんハンニバル・レクターにかなり影響されていて、レクターみたいなサイコキラーに惹かれちゃうんだと思う。
人を殴ろうが、切り裂こうが、吊るそうが、食べようが全て華麗で美しい。

何が言いたいかよく分からなくなって来ましたが、とにかく好きで、観ているだけで幸せな気持ちになれる。本当に素敵な映画史に残るサイコスリラーの金字塔。
観てない人には是非1度観てもらいたいです。
みりお

みりおの感想・評価

3.8
ひさびさの鑑賞✨
いや〜〜〜おもしろい!!!
冒頭の暗い森であっという間に惹き込まれて、次の瞬間にはレクター博士の独房へ…
独房のなかにスッと立つレクター博士の目を見た瞬間から、もう取り込まれて息をつく暇もなく見入ってしまいました👀✨

サイコサスペンス作品としては異例ともいえるアカデミー賞5部門を受賞した本作。
たしかにあらゆる要素が素晴らしい!
アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士も、ジョディ・フォスター演じるクラリスも、何かが取り憑いているんじゃないかと思うほどの鬼気迫る演技✨
そして猟奇殺人を扱っているにも関わらず、残酷描写で展開を乗り切るのではなく、間・台詞・カメラワークを駆使して魅せる、じとーっとまとわりつくような恐怖💦

そして冒頭の「HURT, AGONY, PAIN, LOVE IT」(苦しみ、もがき、痛み、痛みを愛せ)というメッセージ🌟
ともに幼い頃にトラウマになるほどの痛みを知った、捜査官・クラリスと猟奇殺人者・バッファロー。
けれどその痛みを愛したか否かで、彼等の人生は追う側と追われる側に変貌を遂げていく。
そしてその2人の類似点と相違点を敏感に感じ取り、クラリスの可能性に惚れ込んでいくレクター博士の、静謐ながら狂気が滲み出るあの目線…
いやーーーーー怖かった😂💦💦

やっぱ名作と受け継がれる作品には、言葉にできない、抗い用のない魅力がありますね!
わずか30分くらいに感じる2時間でした👍


【ストーリー】

若い女性を殺害しその皮を剥ぐという猟奇事件が続発。
捜査に行きづまったFBIは、元精神科医の殺人鬼ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)に示唆を受けようとし、訓練生ながらその任に選ばれたクラリス(ジョディ・フォスター)は獄中のレクターに接触する。
レクターはクラリスが、自分の過去を話すという条件付きで、事件究明に協力するが……。


【キャスト・スタッフ】

*監督:ジョナサン・デミ

米・ニューヨーク州出身🇺🇸
父親の紹介で映画会社の宣伝マンとなり、その仕事を通じてロジャー・コーマンと出会い、彼の下で働くことに。
そして『レッド・バロン』(1971)に参加し、そのキャリアを活かして1974年『女囚刑務所・白昼の暴動』で映画監督デビュー🌟
その後は多くの賞を受賞し、本作でベルリン国際映画祭監督賞とアカデミー監督賞をダブル受賞。作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、主演女優賞の5部門を制覇した、歴史に残る作品になりました😆🎉
主な監督作は『フィラデルフィア』『クライシス・オブ・アメリカ』など。


*クラリス:ジョディ・フォスター

『パニック・ルーム』でみりぺでぃあ記載済🌟
強い女性の代名詞みたいに思ってたけど、この頃はまだあどけない❣️
最初出てきたときは少女みたい😍
と思ったものの、子役出身だからこの作品の前にすでに40本近い作品に出ていたベテランでした😂👍
キャリアはなんとこのときすでに23年で、本作で2回目のオスカーを獲得しました✨
たしかに手に汗握る演技力だった😆🎉
続編も楽しみだな💓


*レクター博士:アンソニー・ホプキンス

ほんっとーーーーーにレクター博士怖い😭😭😭
小さい頃観たトラウマもあるけど、彼が出てくると背筋がゾワゾワする😭💦
彼が看守の顔にかぶりつくシーンは、ほんとみりおの中でトラウマで、初めて観た夜は寝れませんでした😂💦
これのせいでゴア描写が苦手になった説は一理あるな🤪🌀
名優アンソニーはイギリス出身🇬🇧
ウェールズの演劇学校で学んだあと陸軍に入隊し、除隊後舞台俳優としてキャリアをスタートさせました🌟
映画デビューは1968年の『冬のライオン』。
その後はなんと70本近い作品に出演しているまさしくハリウッドの名優✨
受賞歴も華々しく、なおかつ本作でもオスカー主演男優賞や様々な賞を獲得しています🎉
主な出演作は『エレファント・マン』『日の名残り』『ニクソン』『2人のローマ教皇』など。
あと面白い話ですが、彼は舞台俳優出身ということもあってか、「演技というものは絵空事であって、その要素はすべてシナリオの中にある」というのが持論で、どのような役であっても特別にリサーチして演じることはないそうです💦
その代わりシナリオのチェック・暗記は徹底的に行い、その台詞などを忠実に再現した上で撮影の際にはきわめて自然で役柄本人になりきっているかのような卓越した演技力を発揮するんだとか💛
あぁやはりあの狂人が乗り移ったような演技は降りてきたものなのか…天才だ😂👍笑
ちた

ちたの感想・評価

3.0
怖すぎて心臓に悪い... ハラハラしすぎて胃がおかしくなりました... そういうの好きな人にはきっとうってつけだと思います!!!(精神的にくる怖さでした)
、、、いやでも上手い
ロ

ロの感想・評価

4.0
恐怖担当:ドクターレクター
キモ担当:生皮剥ぎ坊主
正義担当:ジョディフォスター
u

uの感想・評価

4.0

言わずもがな有名な羊たちの沈黙
かなり昔の作品なのでみたことがなかったけれどレスター博士に魅せられる
明らかにおかしいのに目が離せない、
ホアキンが演じたジョーカーと魅力が似てる。
Yuto

Yutoの感想・評価

4.8
最も好きなスリラー映画

正義感溢れるジョディ・フォスターも素晴らしかったが、何よりアンソニー・ホプキンスの怪演は凄まじい
犯人探しのストーリーではあるが、映画全体に漂う狂気が映画全体を支配している

最狂の映画
okke

okkeの感想・評価

-
2020年7月 U-NEXT にて
11

11の感想・評価

4.2
レクター博士がこちらを見て話しかけているようなカメラワークに寒気がした
>|