羊たちの沈黙の作品情報・感想・評価・動画配信

羊たちの沈黙1990年製作の映画)

The Silence of the Lambs

上映日:1991年06月14日

製作国:

上映時間:118分

4.0

「羊たちの沈黙」に投稿された感想・評価

まつ

まつの感想・評価

4.8
やっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっと観た。今まで観てなかったのが本当に恥ずかしい。(もっとグログロなんだと思ってビビってたけどグロシーン1ミリもなかった)
まじで最高。これはアカデミー賞総舐め納得。アンソニーホプキンスの怪演がとにかくすごい。めちゃくちゃゾクゾクして目が離せない。初めて字幕が邪魔って思った。そしてこの怪演を全面に押し出す強烈なカメラワークがよい。あんな大胆な顔の抜き方初めて。視点が主観に切り替えるタイミングが絶妙で緊張感すごい。

そして顔面蒼白もんの恐怖を植え付けるのにスッキリとした後味のラスト。夢中になるわ。
字幕無しでもっかい観よう。あのおぞましさを画面いっぱいに味わいたい!!
ゆか

ゆかの感想・評価

3.0
なんか物足りないという感じ。評価に期待しすぎたのかもしれない
ヨーダ

ヨーダの感想・評価

4.0
新人捜査官はしゃぎすぎ
レクター博士が持つ
色気と気品と
狂気の同居
レクター博士がとにかくいいキャラしてまっせ!
ストーリーも面白かったし
終盤めちゃくちゃハラハラした
サスペンス映画見るならオススメ!!
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.5
レクター博士の博識と(クラリスに対する)紳士な態度が残忍さを際立て、クラリスの聡明さと懸命さ(危うさ)を美貌が際立てる。そんな映画だった。
何よりレクター博士の登場時間と存在感が一致してなさすぎる。カリスマ性があるというか、レクター博士が教祖のカルト教団があると言われても納得するくらい。
ベストムービー設定用
k

kの感想・評価

-
やっと見れてよかった!
題:人喰い映画ミシュラン…殿堂入り!
製作:1991年、アメリカ
監督:ジョナサン・デミ
原作:トマス・ハリス著の同名小説
CAST:アンソニー・ホプキンス、ジョディ・フォスター、スコット・グレン

初見は小学生時分に母と観たレンタルビデオであったが、今でもあの興奮を鮮明に憶えている。
バッファロー・ビル邸突入のくだりは心臓の音が外に漏れださんばかりにドキドキしたものだ。
30年に渡って何百回と観返して、その度に気付きのある作品である。

3点に絞ってレビューします。

1.レクターの武勇伝に隠された意味
「国勢調査員がやってきて、あれこれ嗅ぎまわるもんだから、奴の肝臓を喰ってやったよ。
ひよこ豆と一緒ににね…キャンティ(赤ワイン)のつまみさ。」
レクターがクラリスを前に語る“武勇伝”だ。
本作の名シーンのひとつである。

大人になって知ったのだが、これはレクターの創作だったのだ。
豆とレバーと赤ワインは「抗うつ薬」との飲み合わせが悪い食品。
精神科医、ハンニバル・レクターならではのシャレの効いたジョークだ。

2.羊たちの沈黙の“羊”とは?
(1)羊は牧場で毛皮を刈られ、毛は加工されて我々が着るセーターやコートになる。
バッファロー・ビルの獲物も同様な理由でその皮を剥がれる。
羊は“バッファロー・ビルの犠牲者”を意味する。

(2)聖書で「迷える子羊」は人間を意味する。
羊は群れで暮らし、弱く、臆病な生き物だ。また、方向音痴で近眼だそうだ。
まるでどっちが正しい道かわからず、誰が善人で誰が悪人か判別がつかない人間のようである。
その羊を導くのが「イエス・キリスト=神の小羊」。
迷える子羊を悪から遠ざけて、命の道を示すのがイエスだ。
(私見)
FBI捜査官にはキリストと共通点があるように感じる。
市民が、悪人の犠牲にならないように、あるいは悪人そのものにならないように、
弱い人たちを救い、犯罪者を捕まえるのが彼らの使命である。
私は本作ではクラリス・スターリングがイエス・キリストに見立てて描かれていると思えてならない。

3.クラスターとレクター
レクターがクラリスを気に入ったのは彼女が美人だからだけではない。
彼女は肝が据わっていて、弁が立ったからだ。
初対面での“セクハラ発言”や“からかい”に対し、彼女は毅然と立ち向かい、嫌味を言い返した。
駐車場でひとりになるまで涙もこらえた。
彼女は骨のある人間だったから、レクターに一目置かれて、彼の協力を引き出せたのだ。

イエスもクラリス同様であった。彼に敵対する律法学者や論敵のパリサイ人に毅然と立ち向かい、議論を挑んだ者たちをことごとく論破したのである。
イエス・キリストとクラリスの共通点だと感じる。

(小ネタ)
・バッファロー・ビルに誘拐されたキャサリンはクラリスに助けられたが、彼女もワンちゃん(プレシャス)を救い出した。犬種が羊を思わせるプードルである。キャサリン宅で先人のネコちゃんと仲良くしていることだろう。
・人間の皮で服を作る行為はエド・ゲインがモデル。
・ビルがキャサリンを誘拐する際の手口はテッド・バンディが元だと思われる。
・板垣先生の『BAKI』最凶死刑囚篇に登場するドリアンの拘束具と担架、スペックおよび柳龍光の独房のデザインは本作が元ネタ。
『グラップラー刃牙』ベトナム戦争編で勇次郎が剥いだ顔の皮を被るのも本作を思わせる。
・バッファロー・ビルの変態ダンスのBGMはク・ラザローの「Goodbye Horses」。歌っているのは女性。
砂

砂の感想・評価

4.2
2021 41本目
タイトルの意味ってそういうことだったのか…と
神秘的な美しさがある作品でした好きです
>|