夜と霧の作品情報・感想・評価

夜と霧1955年製作の映画)

NUIT ET BROUILLARD/Night and Fog

製作国:

上映時間:32分

ジャンル:

3.8

「夜と霧」に投稿された感想・評価

みん

みんの感想・評価

-
今まで見たどんなものよりもおぞましくて信じられない光景

ナチスに関連する映画はほどほどに観たことがあり何かしらを感じていたけれど、どこかで現実として見れていなかったのかもしれない…そう実感しました

"死んだ怪物たちを見つめる我々は遠ざかる映像の前で希望が回復したふりをする"

"ある国のある時期の特別な話と言い聞かせ消えやらぬ悲鳴に耳を貸さぬ我々がいる"

アウシュビッツを舞台にリアルに再現するのではなく、全て本物の映像のみで構成されている所以が上の言葉からも分かる

現実を現実として受け止めさせる、昔話として終わらせない、他人事として逃げる道を作らない。そういった思いがあるのかと……耳が痛く胸に刺さりました
まゆ

まゆの感想・評価

-
見なければならないと思いつつ先延ばし先延ばしにしていたこちら。やっと見ました。髪で作られた絨毯は誰に需要があったのか。
Emma

Emmaの感想・評価

5.0

「ある国のある時期における特別な話」だと思うでしょうか。

ドイツによるユダヤ人の大虐殺、知識として知っていたはずでしたが現実はそれ以上でした。
教科書はガス室に入れられて終わるけれども、この映画はその先を映します。
遺体や遺品はどこへ?責任は誰に?

同じ人間として考えずにはいられない作品です。
アウシュビッツでのホロコーストを記録したドキュメンタリー。

毛髪で作られた毛布に絶句。

このレビューはネタバレを含みます

こんなに本物の死体を一気に観たことはない。おそろしく理不尽な真実の映像。風化させてはいけないのに、残り視聴可能日数7日てっ!いつまでも見放題にしとけよu-nextよ!収容所のなかにさらに監獄・・もう、怖いです・・
だん

だんの感想・評価

4.5
"映像で表現できるのか この恐怖を" おわわ
crane

craneの感想・評価

4.0
30分程の映画だが物凄い衝撃を受けた。
ガス室の天井に残る爪の跡や、ゴミのように重機で棄てられる死体などが生々しい。
サイコ

サイコの感想・評価

5.0

心理学者、ヴィクトール・フランクルが好きで、彼に救われて。

夜と霧を読み、夜と霧を観た。
アウシュビッツ強制収容所の真実。

こんなことが同じ人類の中で起きたなんて
信じたくない。映像を観てもとても信じられない。同じ人間がしたと思えない。むごすぎてショッキングで説明できない。つらい。

だけど、
観るべきもの。
言葉にならなくてもこの気持ちを大切にしなければならない。
R

Rの感想・評価

-
えぐい…
きよ

きよの感想・評価

4.2
映像の真の役割とは、まさにこれ。30分の真実。責任は誰に?の言葉が重い。


残すべき作品
>|