ネオサイタマ

たそがれの女心のネオサイタマのレビュー・感想・評価

たそがれの女心(1953年製作の映画)
4.2
ラストはあんまり好みじゃないけど他はめちゃくちゃ好き。
特に違う時間と空間をダンスでつなぐ一連のシーンとかストーリーの小さな反復とか破いた手紙が雪に変わるシーンとかめちゃくちゃ良かった。
1つのものの意味が変わっていくのが面白かった。