nyoloner

メリー・ポピンズのnyolonerのレビュー・感想・評価

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)
4.1
リターンズの前に観たかったのですが、当たり前だけど借りることができなくて、やっと!観ました!

エミリー・ブラントもちろん良かった。歌もステキだし美人だし。でも、ジュリー・アンドリュースには敵わないと思った。比べるものじゃないのだろうけどね。でも本当に、本当に完璧で、ステキな、超絶綺麗なメリー・ポピンズだった。

歌も、どれも耳馴染みが良くて、映像が今ほど綺麗すぎないところがマッチしていた。子守唄なんてこっちまで気持ちよくて寝ちゃいそうでしたよ。

子どもは子どもらしく愛されて夢を見ることができること。親が一生懸命働いていることを知ること。親は子どもの成長を見る機会を失わないこと。
家族がきちんと結びついたら去っていく。これでいいんだけど悲しくなる。

ラストは、ジュリー・アンドリュースの麗しい相貌を拝見しながらうるうるしました。

リターンズを先に観たものの、どこがこの作品へのオマージュか良くわかって楽しめました♪
素敵な映画でした。