メリー・ポピンズのネタバレレビュー・内容・結末

「メリー・ポピンズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

メリーゴーランドのシーンは思わず笑っちゃった。特撮ほんとすごいなあ、、。
なにこれ?って思っている間に終わってしまった。
薬物でおかしくなってしまった人の頭の中を永遠に見せられているみたい。
結局なんなのかわからないままでした。

絵と現実世界が混じり合うのは流石ディズニーという感じ。
メリー・ポピンズ
往年の名作を観ようと思って。スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスSupercalifragilisticexpialidociousは曲だけ知っていたけれど、実際映像を観ながら聴くととても楽しい。アニメーションとの融合もとても良かった。ファンタジー。

楽しいのだが、どことなく不気味な感じもする。不思議。メリー・ポピンズは、観る前のイメージだと包容力カンストお姉さんだったけれど、実際はもう少し厳しめ。原作だともっと厳格な性格のよう。
オチとしてはブラックみが漂う、気がする。ポジティブとキチ×イは紙一重。ほとんど発狂じゃないかと思って少し泣いてしまった。
午前10時の映画祭にて
最高の映画

バートの踊り楽しそう!
メリーポピンズ綺麗!
子供たち老け顔!
の3つ

でも古さを感じる場面がほとんどない
唯一片付けの時の合成が縮尺あってなくね?と思ったくらい
当然のごとくアニメのクオリティは高い
生きていくにはユーモアとウィット、遊び心が必要で、ポピンズは子供たちよりむしろ父親を救って去っていったというよりむしろ父親を救いに来たのだなと、そこにすごく安心した。真に救われるべきは、というよりポピンズの性質が最大限に生かされる救われる者は父親しかおらず、彼は厳格でつまらない人間だったのではなく、ならざるを得なかった大人で、それを責められはしなかったことが。
煙突掃除隊のダンスのターンが職人芸的で非常にカッコいい。シルエットで魅せる美しさ。
それにしてもポピンズのこのチートキャラ、周囲からの「さすポピ」ぶり、ポピンズもバートも人間ではないナニカでありそうだからうん凄いねと見れるがギリギリほんのり鼻につかないでもない。
銀行家のじいさんたちの顔が味わい深すぎてずっと見ていたくなる。
こんな素敵な映画を
今までスルーしてたとは…!!

ウォルトディズニーの約束
という映画で
メリーポピンズの秘話を見た後だったので
感慨深かった

ディックヴァンダイクの
コミカルな演技が秀逸!!

コメディ俳優は
ジムキャリー とクリスタッカーが
ツートップだと思ってたけど、

ディックヴァンダイクが
コメディ王だと思います☆!!

ハンサムなのに
顔の演技が半端ない💦

ダンスもブロードウェイを
経験しただけあって、
最高のキレ!!

ほぼディックヴァンダイクに
感動して終わりましたが、

ストーリーも可愛くて
夢があって
何度でも観たい、
みんなにお勧めしたい
最高の映画でした✨✨
不朽の名作。
私が初めて観た洋画。しかも字幕で。
当時、多分保育園。
当然最初は意味もわからず観てたけど、歌を覚えることから、だんだん意味がわかるようになって大好きに。ジブリ的刷り込み効果w
何度傘で飛ぼうとしたことか。
あの時代にアニメの合成をあのクオリティで仕上げてたのにも驚き。
ジュリー・アンドリュースは今でも大好きです。
つけ忘れてた🙋‍♀️
こんな素敵な映画ない!アニメと現実と魔法の融合◎曲が最高!名曲だらけ!
魔法使いがメイドとしてイタズラ子供の世話をする話。
世界観がすごい。さすがディズニー。
アニメーションとミュージカルを組み合わせることで、魔法による非日常を上手く溶け込ませてた。
ただ脚本としては、よくある洋画という感じがした。
傘をさして空を飛ぶメリーポピンズが幻想的でした。
イギリスの可愛らしくておしゃれな服装や街並みが好きなので見ていて楽しかったです。

メリーポピンズリターンズをみてこちらのメリーポピンズをみたのですが、どちらも子どもをというより育てる人たちになにか変化があるような、そして風向きが変わり帰っていくメリーポピンズの姿にはなんだか嬉しくなりました。
>|