村井優一郎

ある子供の村井優一郎のレビュー・感想・評価

ある子供(2005年製作の映画)
4.5
なんとなく観てみたんだけど、予想以上にいい作品だった。
ブリュノのことを三回くらい殺してやろうかって思ったけど、最後の最後には穏やかな気持ちになってた。「悪いやつだけど憎めないよね!」的な映画はありきたりでつまらないけど、この映画はそんな感じではない。ブリュノはちゃんとクソ野郎。でも最後にブリュノを憎むことは出来なかったな…どっちだよ…

「ある子供」ってタイトルは原題でも同じ意味なのかわからないけど、すごくいいタイトルだなって思った。この映画を一言で言い表せてる気がする。