ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版の作品情報・感想・評価

「ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版」に投稿された感想・評価

ん

んの感想・評価

5.0
3度目の鑑賞

ボートから映画を観てみたいとか、昔ながらの映写機で映画を観てみたいとか、映写窓を覗いてみたいとか映画に関する憧れがいっぱい

アルフレードがトトの顔に手を当てるうちに月日が流れトトが大人の顔へと成長するシーンは何度観ても圧巻。映画に写っていない月日まで愛おしくて、役名が無いような人まで丁寧に描かれていてみんな昔から知っているような気がしてきます。

映画を画面の外から観ている感じがせず、映画の中の人と同じくらいニューシネマパラダイスに情や愛着が湧いてしまう。
なほ

なほの感想・評価

3.8
昨日の自分がみるとこの評価になってしまう、落ち着いて、映画を観たいときに、この映画を観たい。また観たい。
「炎はやがて灰になる。大恋愛もいつかは終わる。これからも恋はいくつも生まれるだろうが、トトの将来は一つだ。」
2人の絆、胸が詰まった。
切なくて愛おしい話
完全版蛇足やった
先言うといてや短縮版見ろって
ニコリ

ニコリの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

完全オリジナル・デジタルリマスター版。ほんとは2時間バージョンから観るべきだとか?

のっけから、アタリの予感しかしない。あまりに有名で、見る前から期待値も高い。

九九を言えずに殴打されてるトトの友人、そのときトトの隣にいた生徒のことが最後まで気にかかった。ドイツに越したペッピーノ?と同一人物?

劇中映画はいーっぱい楽しめるし、映画館の舞台裏は見られるし、映画を観る人達は見られるし、
映画館に溢れる笑い、見えない人には横で解説、やってはいけないことをやる人々、今じゃなかなか許されない。でもそれでこそ、娯楽のための映画、映画館。

テーマ曲は云うに及ばず。途中の陽気なバージョンは今までしらなかったなぁ。

この作品をみてると、なぜかジャン・レノと『自転車泥棒』を思い出した。

心の中はみえない
心の中はみせられない

火が、心の炎も含め、けっこうポイントかな。
すこし前までは、ストーカーといっても度合いが、適度が、あったよな。

人生は映画のようには、行かないって?映画は、人生の一部を切り取っているのに違いないのにね。

私にもアルフレードがいたらな。
帰郷を許さず送り出してくれるような。
決意をさせてくれる誰か。

トトは偉いな。
自分ももうすこしましな生き方をして、わかりやすく故郷に錦を飾りたかったな。ハイ、完全に自分を重ね始めてます。

でも、どんなに立派になっても、やむを得ず失うものがある、のは等しく誰にも訪れることなんだなぁ。

誠実な人間は孤独。
孤独なら誠実?とは限らない。

母親は有り難い。 
有り難い思い出だけが、母親を思い出させる。

出ていってよかった、
たしかに私も母から言われたことがある。知らない土地で新しい自分でスタートすることができてよかった、と。けど、どこにいっても、いいのはスタートだけなんよ。こんなんでは、戻れないよ。

大人になってエレナを映写機でみてるシーンで、私は号泣(はい本日のカタルシス、きのうの嫌な感情も洗い流す)

このようになにもかもを含んだ長い長い映画を、じつは自分は一度も見ずに妹に貸したとは、いくら妹も面白くみてくれたといっても、今さら言えたものではない。

私は、もう自分の人生のフィナーレは、とっくに過ぎたように思う。あとはカスみたいな残りの時間。絶望の灰になる勇気は、私にもない。

この作品は申し分なく、私にも採点の資格があるなら、、、ここでのスコアは勿論5。果たして、最近の作品と相対評価など出来ようか?

これは繰り返し繰り返しみよう。
少なくとも、毎年クリスマスまでに一回は。
──物語は画面の中だけでは、おさまらない ※記念の100本目映画
124分版未見。失敗したな、と思いました。こちらは大人になったトトとエレナのラブストーリーがメインの印象。噂に聞く124分版の絆とか愛みたいなものはあまり感じ取れませんでした。
何より長い。大人になったトトがウザい。お前はアルフレードの話をちゃんと聞いてたか?!と。こんな男は嫌です。
124分版は未だ観ていませんが、映画全体の印象が随分違うらしい。

トルナトーレが最初に作ったイタリア公開版が155分、興行を考え焦点を映画に絞って編集し直したのが日米公開版の124分、その後ノーカットとして登場したのがこちらの173分版、と後から知りましたが、155分のイタリア公開版を観てみたい。結局トルナトーレは何を描きたかったのか?それが分かるのは155分版ではないかと思うので。
ジーナ

ジーナの感想・評価

4.0
オリジナル版は未見。

完全版は蛇足なんて声がありますが、確かに追加されたと言われるシーンは、ストーリーそのものを変えてしまう危険性があるので、無くても良かったかなぁとは思う。
初めて観る方は必ずオリジナル版から観るように!
自分もオリジナル版から観ておけば良かった・・・

しかし、名作である事に間違いありません。
田舎町と映画館を舞台に、人と人との繋がりが濃密に描かれていて、その純粋さに心くすぐられます。

ラストシーンは最高です。
涙腺が崩壊しそうに...
Sakura

Sakuraの感想・評価

4.5
最後のシーン何回も観ました。何度も観て何度も泣いてしまう。

このレビューはネタバレを含みます

最後のシーンのための映画。
長くて不必要に思えたシーンが多かったので、オリジナル版の方がきっと名作。
【ひとこと感想】
 映画好きなら誰もが、いや、映画好きでなくても誰もが涙する。人生における喪失とノスタルジーの物語。物語と映像と音楽の全てが美しい、映画史に残る至高の名作。

【評価】
 5.0点 手元に置いて何度も見たい人生の1本

ー評価基準ー
 5.0点 手元に置いて何度も見たい人生の1本
 4.5点 時々見返す名作映画
 4.0点 もう一度見たい素晴らしい映画
 3.5点 普通に楽しめる映画
 3.0点 つまらなくはないけど何か足りない映画
 2.0点 自分とは合わない映画

【感想・解説】
 説明不要な名作ですが、自分の最も好きな映画の一つです。魅力的な登場人物とシンプルで感動的なストーリーだけでなく、美しい風景と素晴らしい音楽が見る人を魅了する、まさに理想的な映画。映画史に残るラストシーンでは誰もが涙を流したことでしょう。
 人は時の流れには逆らえません。この映画の主人公は、人生で誰もが失う3つのものを、然るべく失ってしまいます。友人、叶わなかった恋、古き良きふるさと。物語の冒頭、友人の訃報を聞いて長らく離れたふるさとを訪れた彼の思い出を追体験しながら味わう人生のドラマは、劇的だけれど決して人ごとではない。誰もが自分の人生のドラマを振り返りながらこの映画の主人公に感情移入します。それがこの映画の魅力です。
 完全版と劇場公開版がありますが、僕はこの3時間ある完全版をお勧めします。その理由は長くなる(かつ、ネタバレになる)ので劇場公開版の方のレビューに書こうと思います。

【あらすじ】
 映画監督のサルヴァトーレは、映写技師のアルフレードという老人が死んだという知らせを受け、故郷のシチリアに帰郷する。イタリアのシチリアを舞台に、少年と映写技師が映画を通して心を通わせていく様を、感動的な音楽と繊細な人物描写で描き出す。
(出典:シネマトゥデイ)
>|