ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版の作品情報・感想・評価

「ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版」に投稿された感想・評価

KIHO

KIHOの感想・評価

5.0
120分程度の「劇場公開版」と50分もの未公開シーンを追加した「完全オリジナル版」とどちらがいいか?という議論がつきもので。完全オリジナル版は長い、蛇足だ。という意見が多いですが、僕は断然この完全オリジナル版が好きです。

カットされていたシーンの中で最も僕の中で重要なシーンは、壮年期のトトとエレナが再開し「別れの日のすれ違いの真実」を語り合うところ。僕はいつもここで泣いてしまうのです。このシーンがあることで次の2つのことが明らかになります。

1つはアレフレッドがトトのためについた優しい嘘。この嘘によってエレナとの別れがもたらされた代わりに、トトは映画監督としての栄光を手にしました。トトの映画監督としての成功はアルフレッドからの贈り物だったわけです。しかも、トトはこの時までそんなアルフレッドのお節介を知らなかったのです。

もう1つはトトがまだエレナへの思いを捨てきれないということ。別れの日の真実を知り、「エレナとは本当は結ばれるはずだった」とトトは思ったでしょう。年老いた人妻のエレナといい歳して未練タラタラのトトのロマンスに辟易するという意見もあるようですが、エレナが年老いているからこそ、トトがかつての恋心を引きずっているからこそ巻き戻せない時間のもどかしさを感じるんです。

つまり、完全オリジナル版で最後にトトが流す涙の意味は、人生の栄光をもたらしてくれた亡きアルフレッドへの感謝。今はもう叶うことのない、それでも未だ捨てきれないかつての恋心。もう失われてしまった大好きだった古き良き故郷。その全てが今はもう戻らない素敵なあの頃の思い出。その思い出が当時のフィルムを見ることで一気に溢れ出したのです。あのシーンのトトにはそんな人生の1コマ1コマが次々に蘇り、行き場のない感情が吹き出すような凄まじいフラッシュバックが起こっていたのです。

50分の未公開シーンがあるからこそ味わえるラストシーンが確かにあります。もう僕は「劇場公開版」では満足できなくなってしまいました。

ストーリーの感想は劇場公開版に書いたので割愛します。
reddy

reddyの感想・評価

4.7
このタイミングで名作を鑑賞出来たことに感謝。
今作に限らずですが、映画ってその人が「このタイミング!」と思ったときに鑑賞したら、名作と言われるのも分かると思うんですよね。
私の場合も、何年も前から今作の存在は認識しているのに、今!なんですよ。

本当に泣いた。たくさんの愛が詰まった映画でした!

実父ではないがアルフレードのトトに対する父性愛に涙、涙。

当時は映画が市民の娯楽だったのが、時代と共に廃れ、広場にあった皆の映画館は無くなっても、当時の思い出が色褪せないのは愛があるからだと思います。

離れているからこそ「きづく」愛もある!!!事が分かる映画です。
映画館がみんなの娯楽の中心だった良き時代ー。シチリアの小さな村にある映画館パラダイス座に集う人々がスクリーンの映像に見入るみんなの表情やセリフを真似る場面。そして、映画好きの少年トトと映写技師アルフレードの世代を超えた交流と別れ…。様々な映画のキスシーンの細切れを繋いで投射されるラストシーンに、エンニオ・モリコーネの音楽…この映画は何回見ても涙腺がゆるみます(T_T)。

公開当時の通常バージョンとその後カットされた部分を復活して公開された1時間ほど長いオリジナル完全版があり、完全版は初恋の相手エレナと初老のトトが再会するシーンを収録。よりこの映画を知るには完全版がオススメです。
そると

そるとの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます



アルフレードと映画で成長する
そして、切ない恋愛。
アルフレードがいたからこそ
映画監督になれた。

とてもステキな物語。


ボッチャを見ると
イライラする。
5✖️5=クリスマス!
OsamuSaint

OsamuSaintの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

スペシャルムービー映画館のオヤジ編集版
ケイ

ケイの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

心に深く響く郷愁に満ちた素晴らしい作品。

【好きな演出】
盲目になったアルフレードがトトの顔に触り、成長したと分かるとこからその瞬間に子供から青年の顔に変化するシーン。この演出は素晴らしい。違和感が全くない。

【好きなセリフ】
アルフレッドの「もうお前とは話したくない。お前の噂を聞きたい。」
誰よりもトトの成功を願っていたアルフレッドの思いが全て詰まっている。愛するからこそ、どんな犠牲を払ってもその人の成功を願う。

【最後の有名な場面のキスシーンをつなげたラストシーン】
成功の中の空虚に生きる映画監督トトに「子供の時に映写室を愛したように、自分のしていることを愛せ」ということを思い出させるアルフレードの意思が伝わってきた。死してなお、30年の時を越えて約束を果たしたアルフレッドの強い絆に感動した。映画史上最高のラストシーン。
yuuki

yuukiの感想・評価

4.0
記録用@シネマコンサート
KUNICOOPER

KUNICOOPERの感想・評価

4.0
過去記録
popepo

popepoの感想・評価

4.0
素敵とつらいの感情が行き来した。
Yuka

Yukaの感想・評価

5.0
劇場版もオリジナルもどちらも最高。ひたすら涙が流れる3時間だった、、、
>|