ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版の作品情報・感想・評価

「ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版」に投稿された感想・評価

KIHO

KIHOの感想・評価

5.0
120分程度の「劇場公開版」と50分もの未公開シーンを追加した「完全オリジナル版」とどちらがいいか?という議論がつきもので。完全オリジナル版は長い、蛇足だ。という意見が多いですが、僕は断然この完全オリジナル版が好きです。

カットされていたシーンの中で最も僕の中で重要なシーンは、壮年期のトトとエレナが再開し「別れの日のすれ違いの真実」を語り合うところ。僕はいつもここで泣いてしまうのです。このシーンがあることで次の2つのことが明らかになります。

1つはアレフレッドがトトのためについた優しい嘘。この嘘によってエレナとの別れがもたらされた代わりに、トトは映画監督としての栄光を手にしました。トトの映画監督としての成功はアルフレッドからの贈り物だったわけです。しかも、トトはこの時までそんなアルフレッドのお節介を知らなかったのです。

もう1つはトトがまだエレナへの思いを捨てきれないということ。別れの日の真実を知り、「エレナとは本当は結ばれるはずだった」とトトは思ったでしょう。年老いた人妻のエレナといい歳して未練タラタラのトトのロマンスに辟易するという意見もあるようですが、エレナが年老いているからこそ、トトがかつての恋心を引きずっているからこそ巻き戻せない時間のもどかしさを感じるんです。

つまり、完全オリジナル版で最後にトトが流す涙の意味は、人生の栄光をもたらしてくれた亡きアルフレッドへの感謝。今はもう叶うことのない、それでも未だ捨てきれないかつての恋心。もう失われてしまった大好きだった古き良き故郷。その全てが今はもう戻らない素敵なあの頃の思い出。その思い出が当時のフィルムを見ることで一気に溢れ出したのです。あのシーンのトトにはそんな人生の1コマ1コマが次々に蘇り、行き場のない感情が吹き出すような凄まじいフラッシュバックが起こっていたのです。

50分の未公開シーンがあるからこそ味わえるラストシーンが確かにあります。もう僕は「劇場公開版」では満足できなくなってしまいました。

ストーリーの感想は劇場公開版に書いたので割愛します。
melon

melonの感想・評価

4.1
amazonプライムでいつでも見れたけど、友人の勧めで完全版から見ることにしました。個人的に噛み砕くのが難しい内容だったけど、得るものがあった。
beallright

beallrightの感想・評価

4.1
2018年119本目
lumiere009

lumiere009の感想・評価

4.2
何かを捨てないと前には進めないのかなぁ
ノスタルジーは遠いからこそよいのか
ばす

ばすの感想・評価

3.0
おじさんが好きな映画のイメージ。
でもラストあたりが泣かせにくるから困る。名作。
あわし

あわしの感想・評価

4.6
後半、終盤、色々なものが凝縮されている。アルフレードこそが真の理解者だったと。
シュウ

シュウの感想・評価

4.0
まず本作の「劇場版」は、洋画で1番好きと言っても過言ではない映画なんです。

で、こちらの3時間オリジナル版も観てみました。

確かに良かった!
良かったんですが、、

もう少し大人になって、
人生経験を積んでから観たかったかなという印象です!
ピナコ

ピナコの感想・評価

4.0
先日邦画『オリヲン座からの招待状』の映画を観てその時にフォローワーさんからこの題名が出て観ようと思った。

以前がかなり前なので忘れている部分は多く今回は完全版に挑戦 175分。
休みでないと出来ないこと。
楽しみたい。

少年トトの半生に近いお話の映画。娯楽といえば映画だった時代、それはトトだけでなく映画館で一緒に観ていた人達もトトと変わらない。


私も小さい頃から好きで観ていた。
映画館の中で映画を観ながら別の所に連れていかれる感じは好きである。

映画ってなんでしょう
もう何本も観ていると自分の人生とリンクしていて映画なのか実際のことなのか分からないことがある。そんなバカなことはないですか?

filmarks始めてから更に観る本数が増え、私はどちらかと言うとのめり込むタイプなので信じちゃったり感じちゃったりだから結構疲れます(嬉しいことです)
笑いもするし泣きもする、怒ったりそんな色んな映画があることに感謝している。
そして更にfilmarksを始めてからフォローワーさんのいろんな感じたものも目にすることが出来て更に厚みが出来てきた。

学生時代の友人と会うことがありやはり映画の話が出たとき
同じ映画を観て皆違う所が記憶に残っていたり勿論同じ場面で感動したりしていた話は思い出となって懐かしむことができた。

この後の人生や最後などに映画から受けた体験(あえてこの言葉です)を思いだし懐かしむことがあるのだろう。

楽しい映画を観て笑い
悲しい映画に浸り泣き
恋愛映画でドキドキし
SF映画で未来を感じたり
怖い映画にビビりながら

私の人生にいろんな映画がパラパラと捲られていく。

そしてこの映画の曲は有名ですね
曲を聴いただけて場面や思い出がわぁーっと浮かんでくる
その感覚も好き。

とりとめもなく…。



『そういう運命だった、

人はそれぞれ従う星がある、

自分のすることを愛せ』

アルフレード
そんな言葉で送り出してくれたトトの人生の先輩であり父親でもあった。

完全版は初めて観る
違う映画のようだ。
前観た作品はもっと友情と映画寄りな感じ
今回の作品はかなり恋愛映画となっている。
忘れていなかったずっと。
でも遠い過去のこと…。
そしてアルフレードの愛、母の愛。

流れる数々のキスシーン
あの曲とともに。
d

dの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

完全版、劇場版の両方を見た後。
同じ映画なのに、カットされた部分が重要すぎて違う映画みたい。

劇場版にはアルフレードの嘘とエレナとの再会がカットされてて、トトが単純にアルフレードの「助言で」過去にとらわれずに生きて成功を収めた人間として映る。

完全版では、アルフレードの助言と「嘘」のおかげで(せいで)トトは成功するも、未だにエレナを想う気持ちは消えずに本当に愛する女性とは結ばれずにいる。

完全版の方が、最後のキスシーンの涙の意味が複雑で深くて人間味のあるような気がするし、アルフレードのトトを想う強い気持ちが一層伝わったと思う。
前半すごい良かったけど後半からつまんなくなった。惜しいことをしたなあ
>|