クローバーフィールド/HAKAISHAの作品情報・感想・評価

クローバーフィールド/HAKAISHA2008年製作の映画)

CLOVERFIELD

製作国:

上映時間:85分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「クローバーフィールド/HAKAISHA」に投稿された感想・評価

POVのモンスターパニックホラー映画。

分かりやすくコンパクトに纏まったストーリーとスリリングな良い緊迫感とリアルな演技とリアルなキャラがあればこういうPOVはだいたい良くなる。

モンスターSF要素入れてくるあたりの挑戦が中々良いと思います。
デザインはまあまあ良かったし、ハンドカメラの中にモンスターがいる。っていうのはかなり新鮮でインパクトがありました。

尺も丁度良かったし観やすかったです。

ゾンビ展開?とか感染するンゴ〜みたいな話はぶっちゃけいらなかった気がします。展開繋げるために入れられた感が強かったかな。

あと終盤はちょっと長かったです。序盤、中盤の世界観及びキャラの紹介からのペースの速い映画運びとグダラないストーリーと比べるとやや見劣りするし少し退屈でした。

でも全体的に結構好きな映画でした。
その日、ニューヨークは崩壊する🎦

ある日NYに巨大な怪獣が現れ、街を破壊する。主人公達は記録を残すために、好意を寄せる女性を救うために、怪獣から逃れるために、ビデオカメラを手にして街を走る。

大好きなPOVのモンスターパニック映画🗽

パーティ中に怪獣がやってくるから、前半はホームビデオ感が満載。
それが長いから賛否別れるけど、その分後半のパニックムービー感がより引き立つから個人的にはかなり好き!

ゴジラみたいな怪獣映画だと、怪獣がメインになりがちだけど、逃げる人を主役にするのも良いなと思った映画。

それに、なかなかブルーな気持ちになる映画。
パーティ中に人間ドラマ要素が強くて片思いとか、気持ちのすれ違いとかがあるから、誰かが死んだりすると余計にメンタルにくる。

迫力も満点だから、気持ちを落としたくて激しい映画を見たい人にはオススメかも!
目撃せよ、世界が終わるその様を-

謎の怪獣に世界が壊されていく様子を手持ちカメラで撮影しているという設定。
ディザスター界のパラノーマル・アクティビティの様な方式はユニークで面白かったんだけど、いかんせん酔う。
リアルな恐怖を追求するためブレるわ走るわでジェットコースターに乗っているような感覚だった。
観終えたあとは気分の悪さ以外なにも残らないリアルゲロ映画
どっからきたの
結局、化け物たちは何なのかわからないまま。
『デカっ!』
いいじゃないの、ダイナミックで! 臨場感に酔うのも悪くない。
春

春の感想・評価

3.8
POV × モンスターパニックムービーといった作品。非常にこの2つがマッチしているなーと思いました。
なんでもないただの一般人による一人称視点で物語が進んでいくので、モンスターに襲われる臨場感や人に紛れて逃げる恐怖などがリアルに描かれていると思いました。なんでもない一般人が故にラストがまた悲しい。

自分は大丈夫だったのですが、撮影者が常に走ったりしているため画面酔いしやすい人は死を覚悟しておいた方がいいですね。
ふじ

ふじの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

カメラ頑丈すぎるし
ベスめっちゃ走るし
終始手元カメラの映像はコンセプト的にはリアル感が出て面白いかもなって思ったけど結果としては見づらかった
何が起きたのか一切話されてないから
(そのリアル感を追求するため?)
終わった瞬間頭に疑問符がいっぱいです
>|