Joe

ギャング・オブ・ニューヨークのJoeのレビュー・感想・評価

3.6
この時代のアメーリカの雰囲気がものすごく好きです。
黒人リンチはどんな映画でも場面でも胸糞悪いけど。

ディカプリオがまだほんのりとプリンス感醸し出していて、
「ジャンゴ」のどこか臭そうな彼とは大違い。
どっちも好きですけどね。

「平等」とは程遠くても、この時代からすでに色んな人種がいて皆なんとか生きていると思うと、
リベラルな文化というのはやはりアメーリカのものだなと。

ただ、この時代から多様性はあるのに、
いつまで経っても差別が無くならないのはそれだけムツカシイってことですね。

話が逸れてしまいそうなので
簡潔に映画の感想を述べると、
汚い・醜い・それでもどこか自由・エメーリカ。

「ブッチャー」さんを演じた人の「リンカーン」観てみたいな。